最終更新日:

サファイア高く売れます 買取相場と最新買取業者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
読了時間: 2

ダイヤモンドを除く世界3大貴石をご存知でしょうか?
世界3大貴石はルビー・エメラルド・サファイアとなりジュエリーの中でも人気の高い宝石になります。
宝石に詳しい人ならルビーは赤、エメラルドは緑、サファイアは青と思うはずです。

ですがこの中でサファイアだけ青以外にピンク、イエロー、グリーン、ホワイトサファイアなど多種のカラーが存在します。
一般の方が見ても見分けは難しく、実はおばちゃんからもらった指輪はサファイアの可能性もあります。

世界3大貴石と呼ばれるサファイアだけに、高価買取できるので不要な場合はサファイアを高く買取店舗に買取してもらいましょう。

1 はじめに

サファイアの買取はダイヤモンドの4Cのように絶対的な判断基準がなく、買取店によって買取金額が大きく異なってきます。
2ct以上なければサファイアに値段をつけないお店もありますし、逆に買取店の売れ筋の大きさであればプラス評価してくれる買取店もあります。
店によって評価は大きく異なりますので、何店舗かに査定をしてもらうことを強くお勧めします。
また何店舗も回るとキリがないので3店舗ぐらいに絞って選んだ方が良いでしょう。

2 サファイア買取評価基準

サファイアには明確な評価買取基準がありませんが、多くの買取店の評価の仕方は次の通りです。

地金の重さ

まず貴金属部分の重さによって地金の素材価値を計算します。
毎日毎日金の相場は変動し、その日の相場×重さで地金部分の買取金額を出します。


こちらの指輪は素材がプラチナ950になります。
中石のサファイアの重さが0.95ct,ダイヤモンドが0.13ct,総重量が4.9gの指輪。
脇石、中石の重さを引くと素材部分の重さで約4.68g。
本日のプラチナ950の買取相場で1gあたり3,044円。
4.68g×3,044円=14,245円

これが貴金属部分の買取金額となります。

サファイアの大きさ&カラー

宝石は1石の大きさが大きければ大きいほど価値は高くなっていきます。
1ctできれいなサファイアの石で12,000円前後だとすると2ctになると6~7万前後になります。
大きさは大きければ大きいほど買取金額に期待を持てますが、下記の写真のような小さな石が多く付いているサファイアは石の値段は期待はもてません。


1石の大きさによって買取金額は変わります。
またカラーによって同じ大きさでも買取金額は変わります。
写真で確認してみましょう。


同じブルーサファイアでもこんなにも色が違います。
一番上は青というより黒に近く見えますし、真ん中はグリーンにも見え、一番下がきれいなブルーのように見えます。
一番下がきれいだから一番高いと思った方ははずれです。

この3つは石のカラーは悪いといっていいです。
一番下は青に深みがなく薄すぎます。


上のサファイアは非加熱処理のサファイアですが、深みのあるブルーが上の3つと違います。
サファイアは薄すぎても、濃すぎても評価は低くなります。

最初に出てきたこちらのサファイアは

大きさが1ct以下でカラーもそこまでよくありません。
このサファイアの評価は7,000円つけば高価買取と言えるでしょう。

デザイン性

ジュエリーにもなだらかな流行があり、いくら質がよくてきれいなサファイアでもデザインが良くないと再販が難しくなってしまいます。



このようなデザインはデザイン評価は期待できません。
逆にデザイン評価でプラスになるジュエリーは


上のように取り巻きでダイヤがついているようなデザインになります。

最初のこちらは

ゴージャスさがなく、デザイン評価もないといえます。
最終的にこちらの買取は、地金+石評価で21,000円前後位での買取になります。
買取店によっては地金部分のみの買取となる場合もほとんどなので石の値段を見れる店舗に買取してもらいましょう。


ルビーの買取についてはこちらをご覧ください。
ルビー買取で失敗しない店舗選びと詳しい買取価格の金額相場

サファイアの加熱処理

サファイアは自然の産物ですが、市場に出回っているサファイアのほとんどが加熱処理を行っています。
加熱処理をすることによって、薄い青の色が濃い青に変化したりします。
その反面、石を高温で加熱してしまいますので内部の組織を壊してしまうことにもつながります。
加熱処理をしていると買取金額が下がるというわけではありませんが、非加熱処理の方が買取金額が高くなります。

注意としては非加熱処理のサファイアでも、色が良くない場合は、きれいな加熱処理のサファイアの方が好まれる場合が多いです。

一番は非加熱で色もテリもあるサファイアが高くなります。

鑑別書の有無

サファイアの加熱処理の見極めもプロの鑑定士でも難しくなってきます。
非加熱処理のサファイアにはシルクインクルージョンの有無で判別できますが、他にもいろいろな処理があり、鑑定士がルーペで見るには限界があります。

そこで高価買取に必須なものが鑑別書になります。
鑑別所は、第三者機関が発行しており石についての情報が色々と記載されています。

鑑別所がないとリスクが大きい為、無難な買取金額を提示するケースがほとんどです。
買取してもらう前には鑑別所があるか探してから買取してもらう方がおすすめです。

3 ブルー以外のファンシーカラーサファイア

パパラチアサファイア

パパラチアサファイアの世界共通の定義はありませんが、スリランカン産のピンクがかったオレンジの美しいサファイアをパパラチアサファイアと呼びます。
スリランカでは産出量が少ないため、非常に価値のあるサファイアとなります。
買取もサファイアの中でも特に高価買取を見込めるサファイアになります。

オレンジサファイア

オレンジサファイアは最近需要が高まっているファンシーサファイアの1つです。
薄いオレンジではなく深みのあるオレンジが人気で「サンセットサファイア」と呼ばれています。
パパラチアアサファイアに比べると、価値は下がりますが大きさが大きければ高価買取を見込めます。

イエローサファイア


イエローサファイアは日本ではあまり人気がなく、手ごろな価格で購入できるサファイアとなります。
ですが色の深いイエローサファイアは「ゴールデンサファイア」と呼ばれ高額となります。
高価買取はゴールデンサファイアは期待できますが、薄いイエローは購入した金額に比べとても低くなってしまいます。

グリーンサファイア


グリーンサファイアはブラックにも見え、ファンシーサファイアの中では人気が低いサファイアとなります。
華やかなジュエリーの中ではグリーンサファイアは地味な印象を与え、グリーンサファイアを選ぶ人が少ないです。
売りずらいため、買取金額も低くなってしまいます。

4 サファイア買取おすすめ4店舗

4-1 色石バンク


出典:色石バンク
ジュエリーの流通が盛んな東京・御徒町にあるジュエリー買取専門店。
自社での研磨やリカットを行えるため、コストも他店に比べ大幅にカットでき、知識面でも同業者にセミナーを開くほど豊富な買取店舗になります。
また販売先は国内だけでなく、香港国際ジュエリーショーにも出店していたりと販売網も豊富。
製品しか買取しない店舗が多い中、ルース(裸石)での買取も行っており、専門性の高さがわかります。

4-2 リファウンデーション


出典:リファウンデーション
リファウンデーションは池袋にある買取店。
少数精鋭のリファンデーションはサファイアの買取実績が豊富で、マスコミ・TVから取材も多数。
リファウンデーションは壊れたジュエリーも買取してくれたり、非加熱サファイアルースを100万円での買取実績もあり高額なサファイアも買取してもらうのにお勧めです。
また利用者からの口コミも多く、信頼とリピーターが多い買取店舗になり安心できる買取店舗になります。

4-3 福岡宝石市場


出典:福岡宝石市場
福岡宝石市場は福岡の天神駅から徒歩5分にある買取店。
こちらは予約優先制になり、ショールームは買取店舗とは思えないクオリティ。
買取スタッフはGIA.GG(米国宝石学会鑑定士)やGem-A FGA(英国宝石学協会認定 宝石学資格)を所有していたりと、宝石を見る目に関しては日本トップクラス。
金額に関しても丁寧にわかりやすく教えてくれるので、納得・安心して買取してもらうことができます。

4-4 retro.jp

SnapCrab_NoName_2017-4-28_20-22-23_No-00
出典:retro.jp
ジュエリーはで買うと高額ですが、どんなに高い買取店舗でも買った金額の1割~2割前後の買取になってしまいます。
買った値段が値段だけに買取金額に納得できない人はretro.jpの運営する委託販売をおすすめします。
委託返金率は委託業者トップの90%返金。

5 まとめ 

サファイアは絶対に1店舗で買取せずに何店舗かまわり、しっかりと説明を受けて買取してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。