最終更新日:

エメラルド買取のおすすめ高額査定店と買取価格の相場について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
読了時間: 2

使っていないエメラルドのジュエリー、使う予定もないし、近くに質屋さんがあるから持ち込んでみようかな。

洋服の買取と一緒に、いつもの買取業者に査定してもらおうかな。

そう思ったときはご注意を。

エメラルドの買取査定は難しく、相談する業者によっては損をしてしまう可能性があるからです。

エメラルドは大きさだけではなく、産地による色味・明度の違い、インクルージョン、輝き(照り)で買取価格が大きく変動する希少な宝石です。

しかしながら、ダイヤモンドのように確たる査定基準もないため、買取価格も業者間でバラつきが出ます。

高額買取するには普通の業者には難易度・リスクが高いため、はじめから色石を査定しない業者も多くあります。(色石には値段がつかないことを伝えるよう買取マニュアルに記載されています)

もし売りたいと思ったエメラルドが、価値のある宝石だったら、とてももったいない話です。

それではどのようなエメラルドが評価され、どこの業者に売るのがいいでしょうか。

今回はエメラルドの買取について詳しくみていきたいと思います。

1.エメラルドの評価と買取相場

エメラルドの売却で損をしないためには、持っているエメラルドの相場価値を自分自身である程度把握しておくのがおすすめです。

業者によってエメラルドの買取価格に差が出てしまう理由は評価するポイントが無数にあり、どこを評価するのか業者ごとに異なるからです。

ですが、価格決定に共通している評価ポイントを絞りこむことで、おおまかに相場価値を掴むことはできます。

1-1.製品として見られるかリサイクル素材として見られるか

まずはじめに、売りたいと考えている多くの方はエメラルドをルース(裸石)ではなく、エメラルド石のついたリングやネックレスなどジュエリーの形でお持ちだと思います。

ジュエリーの買取では、そのまま再販可能な製品としての価値で査定されるか、リサイクル素材としての価値で査定されるかによって大きく買取価格は異なります。

デザインが生きていると業界的には表現しますが、今の時代でも売れそうと判断されれば製品としての価値で査定されます。

また、カルティエ、ティファニー、ショーメなどのブランドジュエリーの場合、再販の可能性は高まり、さらにブランド価値が加算されて査定されます。

もし貴金属部分に傷があっても、磨きあげたりしますので、大きく査定価格に影響はしません。

リサイクル素材としての価値で査定される場合、リングならアーム部分の貴金属、脇石のダイヤモンド、中石のエメラルドと各パーツごとに値段が出されます。

例えば下記のような価格付けがされます。


貴金属(K18WG 2.5g):1万円
脇石(ダイヤモンド 0.7ct):5000円~8000円
エメラルド 0.2ct:2000円~4000円

貴金属部分はその日の貴金属相場と重さによって算出されますので、買取を依頼する前に最低限、ご自身で確認しておいてください。

素材としての価値は2万円程度となりますが、製品として価値を査定された場合は3万円まであがる可能性があります。

1-2.エメラルドの買取査定ポイント

エメラルドはダイヤモンドのような国際的な評価基準はありません。色石に対してGIA(米国宝石学会)も鑑定書を発行しませんが、買取業者がおおむね共通で確認しているのが、サイズ(カラット)、カラー・色合い・色調、照り(輝き)・インクルージョン(内包物)、石の状態です。

サイズ

他の宝石と同じく、エメラルドも大きいサイズほど希少価値が高く、買取価格も高額になります。
大きさはダイヤモンドと同じくカラット(ct)で表現されます。写真は1.5カラットのエメラルドですが、8カラット、10カラットのエメラルドも市場には出回っており、数十万円の価格で取引されることは珍しくありません。
ただし、大きければ価値が高いというわけでもなく、サイズ以外にカラー、照りといった品質が大きく関わってきます。同じ大きさでも高品質なものと一般的な品質では20倍、低品質なものとでは50倍以上の価格の開きが出てきます。

カラー・色合い・色調

エメラルドにとって、カラーは重要な買取価格決定要素です。
購入者の好みは千差万別ですが、カラーが緑色、色調(濃淡)は黒さが見える深く沈んだ色調、色合いは青みが掛かったものが高く評価されています。

照り(輝き)・インクルージョン(内包物)

そして、エメラルドは照りが評価される宝石です。
照りとは内側や表面から出るキラキラとした輝きを表現した言葉で、肉眼での見た目の美しさ、何より売りやすさに大きく関わってくる要素のため、買取価格にも大きく影響を与えます。
照りにはインクルージョン(内包物)、カットが大きく関係しています。透明度が高く曇りの少ない、キラキラとしたエメラルドが高い価値を持っています。

1-3.エメラルドの買取相場

国内の鑑定機関でも、エメラルドのカラー、品質にランク付けを行っているところがありますが、
買取査定においてもカラー・照り・商品状態を総合的に判断し、Sランク~Dランクまで段階分けして総合評価を行い、サイズと総合評価でおおよその値段を伝えている買取業者もあります。

おおまかな値段を掴むにはわかりやすい方法ですので、ここではサイズと総合ランクで買取価格相場を記載しています。また、貴金属部分と脇石のダイヤモンドは価格から除外しています。

エメラルド [E0.43ct B評価]
エメラルドの買取価格:2,000円~3,000円
高額買取店:4,000円

婚約指輪サイズのエメラルドです。サイズが小さい場合でも、品質がよければ価値が認められ、値段がつきます。

エメラルド [E0.24ct C評価]
エメラルドの買取価格:0円~500円
高額買取店:1,000円

サイズが小さく、品質評価が低い場合は値段がつかなくなります。

エメラルド [E0.62ct B評価]
エメラルドの買取価格:10,000円~12,000円
高額買取店:15,000円

淡いカラーですが、品質の高い淡いカラーを求めている人や業者もいます。小さいサイズでも透明度や照りが認められると高額査定となります。

エメラルド [E0.97ct A評価]
エメラルドの買取価格:50,000円~75,000円
高額買取店:100,000円

サイズの大きさがなくても、カラーと透明度が評価できる場合は、かなりの高額査定が期待できます。

エメラルド [E1.92ct C評価]
エメラルドの買取価格:10,000円~15,000円
高額買取店:20,000円

サイズの大きいエメラルドですが、カラー評価も高くなく、インクルージョンも目立つ状態です。

エメラルド [E1.92ct B評価]
エメラルドの買取価格:60,000円~80,000円
高額買取店:100,000円

サイズが大きく、カラーと照りが評価されています。

エメラルド [E2.6ct B評価]
エメラルドの買取価格:150,000円~200,000円
高額買取店:300,000円

2ct台のエメラルドですが、照りが高評価できる場合は高額査定となります。

エメラルド [E2.2ct D評価]
エメラルドの買取価格:0円~500円
高額買取店:1,000円

2.2ctと大きなサイズですが、石の質が低い場合はジュエリーやアクセサリーの再利用も難しく、厳しい査定となります。

エメラルド [E3.71ct C評価]
エメラルドの買取価格:25,000円~30,000円
高額買取店:37,000円

3ct超えの大きいサイズで濃い緑色ですが、透明度がないため、1ctあたり1万円を超えていかない相場となります。

エメラルド [E4.7ct B評価]
エメラルドの買取価格:300,000円~350,000円
高額買取店:400,000円

コロンビア産の質の高いエメラルドです。サイズも大きいため、高額買取となります。

エメラルド [E10.4ct C評価]
エメラルドの買取価格:150,000円~300,000円
高額買取店:650,000円

10ct超えのとても大きなエメラルドです。品質は高くはありませんが、大きいサイズは高額査定が期待できます。

エメラルド [E18.52ct C評価]
エメラルドの買取価格:100,000円~140,000円
高額買取店:220,000円

18ctを超える大きなエメラルドです。品質評価は低いですが、サイズで高額査定となります。


ルビーの買取についてはこちらをご覧ください。
ルビー買取で失敗しない店舗選びと詳しい買取価格の金額相場

2.エメラルドの買取金額をアップさせる方法

2-1.鑑別書をつける

鑑別書もしくはソーティングメモがあれば、買取査定の際に一緒に出すようにしてください。
鑑別書があると、買取業者は天然エメラルドとして安心して査定できます。
検査内容に三相インクルージョンを認むなどと記載があれば、コロンビア産として認められますので、買取価格も踏み込むことができます。

買取業界では中央宝石研究所が最高信用機関として扱われる場合が多々あります。
鑑別書がない場合、お売りになりたいエメラルドの価値に自信があって、ジュエリーから石を外しても良いのであれば、中央宝石研究所でソーティングメモを取るのはお薦めです。
合成エメラルド、ガラスなどの模造品の流通から、そもそも鑑別書がないと買取自体を行わないように指導されている店舗もありますので、事前に確認するとよいと思います。

2-2.手入れをする

見た目を評価される色石ですので、査定を依頼する際に少しでも印象をあげておくと査定価格のアップにつながります。
丁寧に手入れされた品物は査定士側も所有者のことを思い、身を引き締めるものです。
ただし手入れに関して、エメラルドは衝撃や熱に弱く、もっとも注意しなければいけない宝石です。
通常は柔らかい布で乾拭きする程度にとどめ、水洗いする際も、自己責任のもと、中性洗剤を泡立てて汚れを浮かした後にかるく水洗いするようにしてください。
乾燥する際はドライヤーで乾かすのではなく、自然乾燥で乾かすようにしてください。

2-3.複数の業者に相見積りをとる

買取業者で評価が分かれる種類の宝石ですので、複数の業者に相見積りをとるのは確実で有効な方法です。

専門業者によっては預かってしっかり確認したいという申し出をされるケースがあります。
自己責任でお願いしたいですが、信頼できる業者であれば、預かり証と引き換えに預けることで概ね査定金額はアップします。

また、他店ではいくらの査定金額になりましたと伝えて交渉する方法は実際に有効で、多くの方が実践されています笑
あまりに他店と掛け離れている金額を伝えると、業者側も対抗する気も起きず撤退してしまいますが、現実的に可能な範囲内であれば、再提示される可能性は十分にあります。

3.エメラルド買取のおすすめ業者

査定金額をアップさせる方法として、複数の買取業者に相見積りを取る方法を紹介いたしました。
相見積りは確実な方法に間違いありませんが、業者選定・査定依頼・交渉と、手間も時間もかかります。

そのため、限られた時間の中で、最大限に高く売る方法でお薦めなのは業者オークションへの出品です。
そもそも業者間で買取金額に差が出るのは、目利きの差もありますが、買い筋の差が強くあります。
買い筋の差は顧客の違いです。

若い方を顧客としている店舗もあれば、年配客を顧客としている店舗もありますし、中国に輸出している業者もあれば、中東に輸出している業者もあります。
それぞれ顧客が異なるため、求めているエメラルドの違いが買取金額に現れてきます。

業者オークションでは各業者のエース級のバイヤーたちが一同に介し、欲しいエメラルドを求めて落札を競いますので、高額落札が期待できます。

SnapCrab_NoName_2017-4-28_20-22-23_No-00
出典:retro.jp

業者オークションは一般の方は入ることができませんので、専門業者に代行してもらう方法があります。

4.まとめ

エメラルドは評価ポイントが複数あり、統一見解のような基準がないため、業者間で買取価格にも差が出る宝石です。

エメラルドの売却で損をせず、最大限高く売るには、まずは持っているエメラルドがおおよそいくらぐらいになりそうか自分で把握しておくのがおすすめです。

売却方法は複数の業者に見積りを依頼するのは時間も手間もかかるため、

業者間のオークション出品代行で、持っているエメラルドを最大評価してくれる業者に売却するのがお薦めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。