2016年 11月 の投稿一覧

【2020年10月更新】ティファニーの買取相場はいくら?高額査定のコツや高く売れるおすすめ買取店【5選】をご紹介!

ティファニーは5大ジュエラーの一つとして数えられるほど世界的にもトップに位置するブランドです。

【世界5大ジュエラー】

  • HARRY WINSTON(アメリカ)
  • Cartier(フランス)
  • BVLGARI(イタリア)
  • Van Cleef & Arpels(フランス)
  • TIFFANY & Co.(アメリカ)

結婚指輪のブランドとしても定着しており、ご夫婦やカップルで持つペアアイテムとしても人気があります。

今回はティファニーを買取してもらう際に、少しでも高く売れる方法や最適な店舗、人気モチーフなどを2019年最新版をご紹介していきますの参考にしてみてください。

続きを読む

買取金額を上げよう!ヴィトン定番ダミエのバッグを高く売るコツ

やっぱりルイヴィトンと言えばモノグラムが定番ラインになりますよね?

実はモノグラムよりダミエラインが先に誕生していることをご存知の方は少ないのではないでしょうか?

1888年にダミエが誕生して、モノグラムが誕生したのは1896年になるので8年早くダミエが誕生しているって驚きですよね。

またイニシャルの「L」「V」モノグラムと市松模様のダミエは日本の家紋をヒントに作られたという説もあるので、日本人から人気があるのも秘密の1つかもしれませんね。

最初に1888年にダミエが登場したと書きましたが、模造品が多く出回ってしまい8年で製造が中止になってしまいました。
その後1896年にモノグラムが販売されて100年が経ち、ダミエはモノグラム100周年記念をきっかけに限定で復刻されて1998年に定番ラインになったようです。

ちなみにモノグラムとダミエのバックは半年間同じように使って売りに行くと、買取金額が10%も違うこともあるのです。

何故こんなにも値段が違ってくるのか後々紹介しますね。

続きを読む

【2020年10月更新】フルラの買取相場はいくら?高額査定のコツやおすすめ買取業者をご紹介!

フルラの買取相場とおすすめの買取店

「使わなくなったフルラを手放そうと考えているけれど、どうすれば高額で買取ってもらえるの?」

「自分の持っているフルラがどれくらいの値段で買取ってもらえるかを知りたい」

このように、フルラの買取について疑問に思った経験はありませんか?

フルラを高額で買取してもらうためには、ブランドの概要やニーズを理解して、相場観を考えながら適正価格で買取してもらうことが大切です。

買取店によってはフルラに関する知識が少なく、相場とかけ離れた値段で買取られてしまうケースもあるので、注意が必要です。

そこで今回は、フルラのブランド概要や高額査定に導くためのコツについて、詳しく説明します。

続きを読む

バーバリーの買取価格の相場はいくら?おすすめ買取店【8選】と高額査定のコツをご紹介!

バーバリーは英国を代表するブランドで、特にトレンチコートは普遍的なデザインなので1つ持っていたら10年以上は着ることができる価値あるコートです。

中古市場でもバーバリーのトレンチコートは人気なので購入したい人は多く買取商品としても人気があります。

買取の際に注意しなければならないのが、バーバリーにはたくさんのラインが存在していてイギリス本国だけでなく日本製造のラインも存在しているというところ。

バーバリーブランドのライン別、人気のアイテム別に2020年度最新の買取価格の相場と高額買取をする店舗、そしてその理由についても記載してますので参考にしてみてください。

続きを読む

海外ではブランド品を売るなら委託販売を使う!知っておきたい海外の最新事情

海外委託販売

みなさんは、ブランド品のバッグや時計など、もう使わなくなったらどうしますか?

コメ兵に売るとか、家の近くの中古屋さんに売るとか、質屋に持って行くとか、友達にあげるとか、色々あるともいますが、はたしてアメリカではどうしてるのでしょうか?

映画では、ガレージセールのシーンなどが出てきたりしますし、「教会に寄付するわ」なんていうセリフも良く聞きますよね。

もしかしたら日本とは全然違う文化なのでしょうか!?

実はアメリカの中古市場は、5つの種類があります。
・委託ショップ
・委託マーケット
・ジュエリーなどを売るいわゆる質屋
・個人間取引
・寄付をすることが多い中古品販売店

日本と同じところもあり、違うところもあります。
それぞれについて見ていきましょう。

続きを読む

ルイヴィトンのキーケースの買取相場は?おすすめ高額買取店もご紹介!

ルイヴィトンのキーケースを使わないので、売ってしまいたいという方も多いのではないでしょうか?

ルイヴィトンは、中古でも需要が非常に高く、比較的高い値段で売ることができます。

今回は、ルイヴィトンの人気キーケースや買取価格について解説していきます!

高額買取で評判のブランド買取店を紹介していますので、そちらも参考にしてください。

ルイヴィトンの人気キーケース

ルイヴィトンのキーケースの中でも、人気が高く、高額での買取が期待できるモデルについてご紹介します。

モノグラム

出典:ミュルティクレ 4 モノグラム – 財布&小物|ルイ・ヴィトン 公式サイト

モノグラムのキーケースは、鍵が4本収納できる「ミュルティクレ4」、鍵が6本収納できる「ミュルティクレ6」、ファスナー付きの「ポシェット・クレ」などがあります。

どのタイプも、ルイヴィトンの王道とも言えるモノグラム・キャンパスが使用されている定番の人気キーケースです。

【定価(2020年5月現在)】

  • モノグラム ミュルティクレ4:¥26,400〜
  • モノグラム ミュルティクレ6:¥30,800〜
  • モノグラム ポシェット・クレ:¥26,400〜

ダミエ

出典:ミュルティクレ 6 ダミエ・グラフィット – 財布&小物|ルイ・ヴィトン 公式サイト

ダミエのキーケースもルイヴィトンの定番で、非常に人気が高いです。ユニセックスな雰囲気で男女問わず人気があります。

ダミエのキーケースも、「ミュルティクレ4」「ミュルティクレ6」「ポシェット・クレ」の3タイプがあります。

男性にはシックな印象のダミエ・グラフィット、女性にはフェミニンで明るい印象のダミエ・アズールが人気です。

【定価(2020年5月現在)】

  • ダミエ ミュルティクレ4:¥26,400〜
  • ダミエ ミュルティクレ6:¥30,800〜
  • ダミエ ポシェット・クレ:¥26,400〜

エピ

出典:ミュルティクレ 6 エピ – 財布&小物|ルイ・ヴィトン 公式サイト

エピのキーケースは、鍵が6本収納できる「ミュルティクレ6」タイプがあります。

エピのミュルティクレ6はルイヴィトンのキーケースの中でも、もっともシンプルなデザインなので、飽きがくることなく長く愛用できるでしょう。

LVのロゴも入ってはいますが目立たないので、「いかにもブランド品」という雰囲気を出したくない人でも使いやすいです。

【定価(2020年5月現在)】

  • エピ ミュルティクレ6:¥38,500〜

タイガ

出典:ミュルティクレ 6 タイガ – 財布&小物|ルイ・ヴィトン 公式サイト

シンプルなデザインが特徴のタイガのキーケースは、鍵が6本収納できる「ミュルティクレ6」タイプがあります。

開閉はスナップタイプで金具はシルバーが使用されています。

タイガ・レザーは上質な質感で高級感があり、男性に人気があります。型押しが細かいため、傷なども目立ちにくいのが特徴です。

【定価(2020年5月現在)】

  • タイガ ミュルティクレ6:¥38,500〜

ルイヴィトンのキーケースの買取相場

ルイヴィトンのキーケースは、中古品の中でもとくに需要が高いアイテムです。中古品でも買う人が多いため、比較的高い価格で買取してもらうことが期待できます。

【参考買取価格(未使用品の場合)】

  • モノグラムミュルティクレ4:¥15,000〜16,000
  • ダミエ ミュルティクレ4:¥15,000〜16,000
  • ダミエミュルティクレ6:¥20,000
  • タイガミュルティクレ6:¥20,000

未使用品のルイヴィトンのキーケースの場合、定価の60%前後の価格で買取が行われることが多いようです。

傷や色焼け・汚れなどの商品状態によって、買取価格は異なってきます。

ルイヴィトンのキーケースを売るのにおすすめのブランド買取店

retro.jp

retro.jpは東京・渋谷にあるブランド買取店です。

ブランドバッグ・ブランド財布・ブランド時計・グランド服・ブランド靴・ブランドジュエリーなど、高級ブランドアイテムの買取に力を入れている業者です。

ブランド品以外にも、ノーブランドのジュエリー・シルバーアクセサリー・絵画・骨董品・カメラなども買取しています。

retro.jpは通常買取にも対応していますが、委託販売を依頼することも可能です。委託販売は通常買取よりも高価がつきやすく、買取よりもお得になる可能性が高いです。

retro.jpの買取方法は、宅配買取、出張買取、持込買取があり、都合に合わせて査定方法を選ぶことができます。

retro.jpはLINE査定にも対応しています。LINE査定は、アイテムの写真を撮影してLINEで送信するだけと簡単・手軽なのでおすすめです。

査定結果もLINEで知れるので、いくらぐらいで買い取ってもらえるか知りたい場合は、LINEで査定だけでもしてもらうといいかもしれません。

▶︎売りたいアイテムをLINE査定してみる

▶︎売りたいアイテムを宅配で査定してみる

なんぼや

出典:なんぼや 

なんぼやは、全国に展開している買取業者です。マザーズ上場企業グループという安心感があるので、買取店に不安がある方も利用しやすいでしょう。

ブランド品の買取専門店ですが、ブランド品以外にも、骨董品やブランド食器、お酒なども高価買取が期待できます。

傷や汚れのあるアイテムでも査定を受け付けてくれるので、ぜひ査定依頼をしてみてください。

なんぼやは、査定可能なジャンル・アイテムがとても幅広いのが特徴です。

【なんぼやの買取品目】
貴金属・時計・ブランドバッグ・ブランド財布・宝石・アクセサリー・骨董品・着物・毛皮・ブランド食器・お酒・カメラ

なんぼやは、おしゃれでカフェのような雰囲気の店舗も特徴的です。白やグリーンを基調とした内装になっており、女性や買取店に慣れていない方でも入りやすいです。

リファスタ

出典:リファスタ

リファスタは、金・ダイヤモンド・宝石・ブランド品の買取をしている業者です。店頭買取・宅配買取・出張買取が可能で、LINEやメールでの査定にも対応しています。

取り扱い可能なアイテムとしては、金・ダイヤモンド・宝石などの貴金属を幅広く扱っています。

ブランド品は、ブランド時計・ブランドバッグ・ブランドアパレル・ブランド靴・ブランド財布小物などが買取可能アイテムです。

ブランドの子供服、食器、文房具、傘、タオルなども買取可能です。

アパレル・靴・時計・ジュエリーなど、アイテム別に買取可能なコンディションが詳しく解説されているので、リファスタのホームページでチェックしてみてください。

アパレレルは刺繍があるもの、お直ししているもの、多少のほつれがあるものも査定可能なので、使用感があるものでも査定してもらうといいでしょう。

ブランド時計買取店舗BEST3!納得できなきゃ自分で売るのもアリ!?

腕時計を売るのって結構悩みます…。

筆者も何度も経験してますが、どこがいいんだろうとその都度悩みますし、時間もかかるし、安いものではないのですぐには納得できるわけもなく、インターネットで調べ、お店に持って行って…というのを何度か繰り返したのちに、結局売らない!ということもあります。

その後売ろうしてもさらに値段が下がっていることも多々あり、「あのとき売っておけば良かった」ということもありました。

今回は、どこの買取店にブランド時計を売ったら間違いないかというのを実際の経験も踏まえ、ご案内していきたいと思います。また、買取店に売ること以外にも自分で売ってみるという手もあります。自分で売る場合のメリットデメリットもありますので後半にご紹介していきます。

続きを読む