最終更新日:

ブランド買取業者【10社】を徹底比較|ブランド買取は得意なジャンルの業者に売る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ご自宅に昔買ったブランド品が眠っているという方も多いのでは?

もし使わないのであれば、捨ててしまうのではなく、ブランド品の買取業者に売るのが、おすすめです。

メルカリのようなフリマアプリのように、出品の手間・配送の手間がなく、手軽にそして高い価格で買取を期待できます

本記事では、

  • ブランド買取業者って、いっぱいあるけど、どこに頼んだらいいかわからない
  • 買取業者によって買取価格に違いってあるの?

といった悩みについてお答えしていきます。

ブランド買取業界経験10年を超える筆者が、代表的なブランド買取業社の比較を実施。優良な買取店をご紹介していきます。

目次

ブランド買取業者による価格の違いを比較する

業者によってこんなにも違う買取価格

同じアイテムを売るにしても、ブランド買取業者によって、査定額が大きく異なってきます

 

試しに、筆者が持っているルイヴィトンのメンズ用の「タイガ トラベルケース」を、買取業者の査定に出して見ました。

【結果】

  • 買取業者K:買取価格25,000円
  • 買取業者R:買取価格21,000円
  • 買取業者S:買取価格20,000円

業者によって、5,000円の買取価格の違いが出ました

ルイヴィトンは、人気ブランドのため中古相場が安定しており、比較的価格に差が出にくいのが特徴です。

それでも積極的に買いたいと思う業者と、そうでもない業者には買取価格に明確な差が出てきます。

今回は5,000円でしたが、ブランドやアイテムによっては数万円の差が出るケースもあります

このように、ブランド買取業者による査定額の違いを知らずに、「どこで売っても一緒だろう!」と思っていると、買取で損をしてしまうこともあるのです。

買取価格に差がでる理由は買い筋の差

それではなぜ、買取価格に差が出るのでしょうか。

買取価格の差は、そのときどきの業者の方針もありますが、買取業者がどこで売っているのか、そして得意分野・買い筋によって差がでます。業界内では「あそこの業者とはよく筋が被る」と話したりします。

でも同業者ならまだしも、どうやって買い筋の違いなんてわかるのと思われますよね。

もちろん、本当のところは中にいる人でなければわからないと思いますが、業者の形態と販売している商品である程度の推測はできます。

買取業者の形態の違い

そもそも買取業者は3つの形態に分けることができます。

①ブランド買取専門店

nishinomiya_gaikan
出典:エコリング

ブランド買取専門店は商品を販売する店舗を持たずに買取を専門にしているお店です。業界的には「なんぼや」「おたからや」「エコリング」「ゴールドプラザ」などが全国展開しており有名です。

買取専門店は当然、買い取るばかりではお金がなくなってしまいますので、どこかに販売する必要があります。

自分たちで小売りを行っていないため、買取専門店は基本的には小売り店に業者オークション・卸販売という形で販売します。

業者への売却(業者価格)を前提にしているため、どんな商品を持ち込んでも値付けをし、オールラウンドに買取してくれます。

飛びぬけて高く買取するようなことはないかもしれませんが、安定した値付けでたくさんのブランド品を一度に売りたい方にはおすすめです。

②ブランド小売り店・買取店

kaitori_bo
出典:ブランドオフ

ブランド小売り店・買取店は店舗で小売りも、買取も行っている中古ブランド業者で、「コメ兵」「ブランドオフ」「銀蔵」など数多くの中古ブランド業者がここに該当します。

業界大手の「コメ兵」「ブランドオフ」は、自社で業者オークションも運営しているため、オールラウンドに買取すると思います。
ただその他、多くの小売り・買取店はメンズ商品に強い、毛皮に強い、シルバーアクセサリーに強い、特定ブランドに強いなど特色を出していることが多々あります。

小売りもしているため、ファンがついているような得意分野・買い筋商品は業者価格以上の価格をつけることもしばしばです。
逆に得意分野以外の商品は買取専門店と同じく、業者への売却(業者価格)を意識した買取価格になります。

むしろ得意分野以外の商品は業者価格に精通していない分、買取専門店より安くなってしまうかもしれません。

③ブランド小売り専門店

kaitori_qo
出典:QOO

買取専門店とは反対に小売り専門店も存在します。店舗コンセプトや商品セレクトに強いこだわりをもち、仕入れは主に買取専門店などから行います。

アンティークウォッチ、ヴィンテージエルメス、ヴィンテージシャネル、オールドグッチなど簡単には集めにくいヴィンテージ品をそろえて販売している店舗もあります。

小売り専門店も大々的にPRはしていないものの、買取もしてくれる場合もあります。売りたい商品がお店のコンセプトにあっている場合は、聞いてみるのもいいかと思います。

ブランド品のおすすめ買取業者:10選

ブランド品を買取してもらうのにおすすめの買取店をご紹介します。

お店の特徴・買取実績・買取方法などをもとに、利用しやすい買取店を選んでみてください。

1:retro.jp

retro.jpは、ブランド品をメインに扱っている買取業者です。

とくに高級ブランド品の買取に力を入れている業者で、取り扱い品目はブランドバッグ・ブランド財布・ブランド時計・グランド服・ブランド靴・ブランドジュエリーなどです。

ブランド品以外にも、ノーブランドのジュエリー・シルバーアクセサリー・絵画・骨董品・カメラ・食器・楽器・家具なども買取しています。

実店舗や支店がなく、店舗運営費用などのコストがかからないため、その分高価買取が期待できます。

通常買取だけでなく、委託販売にも対応しているのが「retro.jp」の特徴です。委託販売は通常買取よりも高価がつきやすく通常の買取よりもお得になる可能性が高いのでおすすめです。

買取方法は、宅配買取・出張買取・対面での買取があります。店舗はありませんが、渋谷の道玄坂にあるオフィスで対面での買取が可能です。

手軽に利用できる「LINE査定」や「ビデオ査定」にも対応しています。「ビデオ査定」では日時を予約しておくことも可能で、待ち時間なしでスピーディに査定してもらえます。

▶︎【写真を送るだけ!】無料でLINE査定してみる

2:ギャラリーレア

ギャラリーレアは1979年創業の歴史ある、ブランド専門高価買取店舗です。東京・大阪を中心とした国内に多数と、シンガポールにも店舗を展開しています。

買取可能な品目は、ブランドバッグ・ブランドアパレル・ブランド財布・ブランド時計などのブランドアイテムや、ジュエリー・ダイヤモンドなどの貴金属、金券などです。

ブランド買取直営店であるギャラリーレアでは、正しい知識を持つバイヤーが常駐している強みをいかし、正確で細やかな査定が可能となっています。

買取方法は、店舗買取・店頭買取・宅配買取から選べます。査定方法も多様で、LINE査定・メール査定・電話査定などにも対応しています。

最速の「うるハコ」サービスはスマホから申し込みできる宅配買取で、申込当日に配送業者が引き取りに来てくれます。

▶︎ブランド品の高価買取ならギャラリーレア

3:ブランドリバリュー

ブランドリバリューは、時計やブランド品をメインに取り扱っている買取業者です。

ブランド品以外にも多様なジャンルのアイテムと買取しているので、不用品や使用していないものがあれば一緒に査定してもらうのもいいでしょう。

【ブランドリバリューの買取品目】

金・プラチナ・宝石・時計・バッグ・洋服・毛皮・財布・靴・ダイヤモンド・着物・骨董品・ジュエリー・アンティークロレックス・切手

ブランドリバリューは全国展開しており、全国どこからでも買取申し込みを受け付けています。

店頭買取・宅配買取・出張買取の他に、ユニークな「在宅あんしん買取」というサービスも提供しています。

「在宅あんしん買取」は出張型店舗の買取サービスで、希望の場所までブランドリバリュー専用車が来てそこで査定してもらえるサービスです。

「LINE査定」や、スマホ・パソコンがあれば利用できる「テレビ電話査定」にも対応しています。

10時から21時までオペレーターが対応してくれる無料電話相談もあるので、買取について疑問や不安なことがある場合も安心です。

▶︎買取をブランドリバリューに依頼する 

4:ブランディア

ブランディアは、ブランド品の宅配買取を行っている業者です。

「ブランドバッグの買取」というイメージがあるかもしれませんが、アパレル・アクセサリー・ブランド小物・靴・財布・時計・ジュエリーなどの買取もしています。

ブランド品の買取に力を入れており、とくに買取を強化しているブランドは、ルイヴィトン・シャネル・エルメス・ブルガリ・カルティエ・ロレックスなどです。

宅配買取は、不要になったブランド品をダンボールに詰めて送るだけで、査定・買取を行ってもらうことができるのでとても手軽です。

インターネットで申し込みをするとダンボールなどの配送キットが自宅に送られてきます。宅配業者に引き取りに取りを依頼すれば、重い荷物を運ぶ必要もありません。

査定は無料なので、まずは一度査定を依頼してして、金額に満足できなければ返送してもらうことも可能です。

▶︎ブランド売るなら、宅配買取ブランディア

5:バイセル

バイセルは、ブランド品・ブランド服・貴金属・骨董品・着物・毛皮・古銭・切手・お酒・金券など、幅広いアイテムの買取をしている買取業者です。

ブランド服やブランド小物などでとくに買取を強化しているブランドは、

エルメス・ルイヴィトン・グッチ・プラダ・シャネル・クロエ・ケイトスペード・マイケルコース・フルラ・コーチ・ボッテガヴェネタなどです。

ブランドジュエリーの買取にも力を入れており、カルティエ・ティファニー・ブルガリなども買取強化ブランドとなっています。

電話やチャットでの無料相談も可能なので、不明な点や疑問がある場合はまずは問い合わせてみてください。

店舗での買取だけでなく出張買取や宅配買取にも対応しています。

▶︎不要な洋服、売るなら【バイセル】

6:ザ・ゴールド

出典:ザ・ゴールド

ザ・ゴールドは貴金属やブランド品など、幅広いアイテムを扱っている買取業者です。

買取可能な品目は、ブランド品・金・プラチナ・ダイヤモンド・時計・着物・骨董品・金券・家電・生活雑貨となっています。
とくに、時計・バッグ・アクセサリーなどのブランドアイテムを積極的に買取しています。

エルメス・シャネル・ルイヴィトンはもちろん、ジミーチュウ、・MCM・JRA革製品・その他のブランド品の買取りも可能です。

ブランドジュエリーやブランドアクセサリーの買取実績も豊富で、カルティエ・ブルガリ・ティファニー・ブシュロン・ヴァンクリーフ&アーペル・ハリーウィンストンなどのジュエリーを多数買取しています。

高級ブランドを積極買取していますが、それ以外のブランド品も買取対応しているので、使っていないブランド品や家電などあれば一緒に査定してもらうのがいいでしょう。

買取方法は、店頭買取・出張買取・宅配買取があります。

▶︎ブランド品、時計買取専門店【ザ・ゴールド】

7:コメ兵

コメ兵は創業70年以上の歴史がある古物商で、知名度のある上場企業という安心感と信頼感があります。

300人以上のバイヤーが在籍しており、年間の成約件数は18万件以上と豊富な実績がある買取サービスです。

買取可能な品目も幅広く、ブランド品・バッグ・時計・貴金属・古着・着物・カメラ・楽器・万年筆などの買取が可能です。

ブランド品は、ロレックス・エルメス・シャネル・ルイヴィトンなどの有名ブランドはもちろん、国内ブランドのアイテムも幅広く買取しています。

ブランドアイテムでも、虫食いや穴があるもの・カビの生えたもの・ブランドタグがないもの・においが強く付着したものなどは買取不可となっているので注意してください。

買取方法は店舗買取と宅配買取があり、LINE査定にも対応しています。

▶︎コメ兵に「ブランド服」の買取を依頼する

▶︎コメ兵に「ブランドバッグ」の買取を依頼する

8:MARUKA

出典:MARUKA

MARUKAはブランド品・時計・宝石などをメインに買取をしている業者で、関西では京都の5店舗を中心に大阪と神戸三宮、関東では銀座、渋谷、横浜などに店舗を持っています。

美術品や骨董品、楽器、カメラ、着物などの査定も可能で、買取可能なアイテム・ジャンルがかなり幅広いのが特徴です。

【MARUKAの買取品目】
腕時計・バッグ・ダイヤモンド・金やプラチナ・ブランドジュエリー・ブランド食器・骨董品・シューズ・アパレル・毛皮・着物・楽器・カメラ・お酒

ブランドアイテムは、バッグ・財布・時計・ジュエリー・アパレルなどの買取実績が豊富です。

MARUKAの店舗が近くにない場合は宅配買取や出張買取も可能で、LINE査定やメール査定にも対応しています。

公式ホームページはこちら

9:なんぼや

出典:なんぼや

なんぼやは、ブランド品・ジュエリー・貴金属などの買取をしている業者です。

バッグ・財布・時計・ジュエリー・洋服・シューズなど、さまざまなブランドアイテムを買取しています。

とくに買取を強化しているブランドは、ルイヴィトン・エルメス・シャネル・グッチ・プラダ・カルティエ・バーバリー・ブルガリ・コーチ・ディオール・ティファニー・ダンヒル・ポールスミスなどです。

これ以外のブランドも積極的に買取しており、ホームページには「買取ブランド一覧」も掲載されているのでチェックしてみてください。

なんぼやではブランドアイテム以外にも、宝石・金・プラチナ・貴金属・骨董品・食器・お酒・毛皮・着物・カメラ・ゴルフ用品・切手・楽器などの買取もしているので、不用品があれば一緒に査定してもらうのがおすすめです。

買取方法は店頭買取・出張買取・宅配買取から好きな方法が選べ、LINE査定にも対応しています。

公式ホームページはこちら

10:エコスタイル

出典:エコスタイル

エコスタイルは、洋服やファッション小物などのブランド品を買取している業者で、買取可能なジャンルやアイテムが非常に幅広いのが特徴です。

【エコスタイルの買取品目】
洋服・スーツ・バッグ・財布・靴・ジュエリー・時計・アクセサリー・宝石・貴金属・シルバー製品・食器・万年筆・ヴィンテージ・アウトドア・お酒など

バッグ・洋服・シューズなどブランドアイテムの買取に力を入れており、取り扱いブランドは2000以上となっています。

ヴィトン・エルメス・ロレックス・シャネル・グッチ・セリーヌ・オメガ・ロレックスなどのハイブランドは高価買取が期待できます。

ホームページには買取実績やアイテム別の買取相場が掲載されているので、査定を依頼する前に確認してみるといいかもしれません。

エコスタイルの買取方法は店頭買取・宅配買取・出張買取があり、LINE査定にも対応しています。

公式ホームページはこちら

ブランド品を高く売るための10つのコツ

ブランド品のおすすめ買取業者を紹介したところで、以下ではブランド品を高く売るための10つのコツについて解説します。

ここからは具体的にお持ちのアイテムの高額買取を目指してきましょう。

①実績のある買取店に査定を依頼する

ブランド品の査定を依頼する際には、お持ちのアイテムのブランド品の買取実績がある買取店を選びましょう。

買取店もブランド品の査定に得意不得意があります。

もしも、買取実績のないアイテムの査定を依頼すると、価値を理解できずに適正価格を提示してくれない可能性があります。

ですので、査定を依頼する前に「自分の売ろうとしているブランド品の買取実績があるか」を必ず確認しましょう。

②付属品も一緒に査定を依頼する

ブランド品の購入時についてきた付属品も一緒に査定を依頼すると、買取価格が高くなる可能性があります。

買取店側もブランド品を買い取った後は手入れを施し、そのアイテムを自身の持つ店頭で並べたり、ホームページで販売します。

そうなるとやはり売れてくるアイテムは新品状態に近い「箱や証明書などの付属品がついたアイテム」です。

次の買い手が決まりやすいことから、付属品も合わせて査定を依頼すると買取価格アップが期待できます。

③購入時についてきた限定品も忘れずに査定を依頼する

ブランド品の購入時におまけでブランドならではの限定品をもらえることがあります。

そのようなアイテムは非売品の可能性も高く手に入らないこともあるために高額査定がつくことも。

もしもブランド品を購入した時に、おまけがついてきた場合はそちらも合わせて査定を依頼しましょう。

④汚れやシミを拭き取っておく

買取予定のブランド品はできる範囲でいいので、汚れやシミをとっておくことも買取価格アップにつながります。

シルバーアクセサリーなどは磨けば艶が出ますので、査定時の印象もよくなり高額買取が期待できます。

また、革製品でも汚れが目立つ場合は布で拭き取るなど、できる限りの手入れを施しましょう。

⑤衣類などのブランド品についた臭いを消しておく

衣類についた臭いは査定額にも影響しますので、タンスの臭いや異臭がする場合は臭いを消しておくことで買取価格アップが期待できます。

消臭スプレーや日干しなどを駆使してできる範囲で消臭しておきましょう。

⑥売りたいと思った時になるべく早く査定を依頼する

ブランド品は売りたいと思ったその時が最も高額買取が期待できます。

金などの価格が変動するものは時期を見極める必要がありますが、ブランド品は「いつか使うだろう」と保管しておくと経年劣化により金具部分の破損や、革製品の細かいひび割れなどで状態が悪化します。

ですので、売りたいと感じた時に査定だけでも依頼して現状の買取価格を把握しておきましょう。

⑦アイテムのベストシーズンよりも前に買取を依頼する

ブランド品にはそれぞれ春夏秋冬ベストシーズンというものがありますが、買取はシーズンよりも少し前に依頼することで買取価格のアップが期待できます。

季節ものは買い取った後にすぐ自身の店舗で販売できるために保管しておく期間が少なく、またベストシーズンのアイテムは売れやすいために買取店側のコストを下げられます。

その点から、ブランド品の買取を依頼する際にはベストシーズンよりも少し前に買取を依頼することで高額買取が期待できるのです。

⑧まとめて買取を依頼する

買取店によっては複数店のブランド品をまとめて買取することで買取価格がアップするキャンペーンを実施している場合があります。

そういったキャンペーンが実施されている、もしくはシステムとして複数店の同時買取で買取価格がアップするかどうかは買取前にチェックしておきましょう。

⑨複数業者で査定をする

最も買取価格をアップさせやすい方法は、複数の買取店に査定を依頼し、提示された金額を比較することです。

同じブランド品であっても、買取店やブランド品の鑑定士によって査定額に誤差が生じます。その誤差を見逃さないためにも、買取価格をアップさせたいなら必ず査定額の比較を行いましょう。

⑩買取価格を交渉する

前複数店舗の査定額を把握したら、買取価格の交渉にも挑戦してみましょう。

交渉するシーンとしては、「A社は買取価格が高いけどB社はまとめて買取で買取価格がアップする」。

このようなシーンでは、A社の価格を元にB社に交渉することで、特定のブランド品の買取価格をアップさせるだけでなく、まとめて買取のキャンペーンも受けられます。

このようにブランド品を買取といっても、買取価格をアップさせるコツはたくさんあるので、それらを駆使して求める価格まで交渉してみましょう。

このような買取業者には注意が必要

おすすめしている業者ではなく他の買取業者を利用される場合もあると思います。

損をしないためにも、注意点だけ書かせていただきます。

依頼なしの訪問買取を行う

依頼なしの訪問買取は規制されていますため、そのような業者はまず問答無用でお断りをしてください。もちろん高値買取は全く期待できません。

まとめ買いで話を進めてくる

1点1点価格をつけて提示せずに、「全部まとめて、いくらになります」という提示の仕方をされる場合は要注意です。

まとめられると感覚が鈍ってしまい、高額商品が低評価のまま混ざっていても売る側が気づかない可能性があります。まとめられた場合は1点1点値段も教えてくださいと言ってください。

まとめ価格と1点1点に価格に矛盾が生じるようなら売るのをやめるのが得策です。

大きな取引を現金払いで進めてくる

少額取引ならまだしも、出張買取などで何百万の大きな取引をする際、現金払いで即決を迫られたときは注意してください。

現金を目の前にされると人は感覚が鈍ります。

特に鑑定書のない大きめのダイヤモンドなど宝石を売るとき、肉眼で見える評価には限界がありますので、安く見積もられている可能性はあります。

逆にちょっとお預りして正確な値段を出しますと言ってくる業者の方が信頼はおけると思います。

熟練の査定師にあたった場合は見込みでかなりの金額を提示する場合がありますが、用心するにこしたことはありません。

ブランド別買取の傾向と対策

激しい買取競争の中、成長してきたブランド買取業界ですが、一定の買取傾向が確認できるようになっています。

損をしたくない、できるだけ高く売るためには、ブランド別に買取傾向・相場観を確認しておくのがおすすめです。

こちらの章では、ブランド別に買取相場に見られる傾向について書いています。

ルイヴィトン| 安定相場で状態が悪いものも売れる

ルイヴィトンは国内で圧倒的な知名度と人気のあるブランドと言っていいブランドです。

中古ブランドの買取業界でも流通量は圧倒的に多く、その豊富さに触れると、いかに日本人にとってルイヴィトンが特別であるかを実感させられます。

ルイヴィトンの買取の大きな特徴は4つあります。

1.相場が安定している むしろ上昇傾向にある
現在のルイヴィトンの買取相場は多少の増減はありますが基本的に安定しており、昔と比べると上昇していると思います。

例えばアルマPMというドーム型のバックがありますが、5年以上前の店頭買取価格は一般的な中古品で1万円程度でしたが、現在は2万円ぐらいになっています。

上昇の理由はインターネットによるグローバル取引が進み、海外に高い価格で販売できるようになったからです。

2.業者間の買取金額の違いがあまりない
ルイヴィトンのバッグや財布は人気商品のため、どこの買取業者も勉強しており、買取相場も安定していますので、業者によって買取金額にそこまで差が出ない傾向があります。

ただし、ルイヴィトンの服や靴などのアパレル製品は、積極的に買取する店舗とそうでない店舗では差が出ますので注意が必要です。

3.古くても状態が悪いものでも値段がつく
ルイヴィトン買取の大きな特徴ですが、例え30年前の商品でも、ポケットがべたべたになっていも、ショルダーがちぎれていても、ルイヴィトンのバッグや財布には値段がつきます。

ルイヴィトンはリペアサービスが有名で直して使いたいという声があるのと、やはり状態が悪くても海外に販売可能できるというのが理由になります。

4.新品のルイヴィトンの中古だけ別相場が存在
ルイヴィトンの新品のみ、定価からのパーセンテージによって買取価格が決まる場合があります。

通常はよくても定価の半値程度の買取になってしまうのが常ですが、80%以上の買取になる場合があります。

買ったばかりのルイヴィトンの新品を売りたいとお考えの場合はこちらのルイヴィトン買取の記事をご参考にしてください。

エルメス|珍しい商品は古くても高額で売れる

バーキン、ケリーなどの超高級バッグで有名なエルメスは、女性にとっての憧れであり、中古ブランド買取業界でも高い人気があります。

エルメス買取の大きな特徴は、珍しい商品は人気があることです。これはルイヴィトンにはあまり見られない傾向です。

エルメスは作りの丁寧さに加えて、カラー展開・素材の組み合わせによりバリエーションが豊富にあります。

一度出会いを逃がすと二度とお目にかかれないという意味で、エルメスとの出会いは一期一会という言葉がありますが、同じものが売っていない商品は高額で買取される傾向があります。

買取業者が一部のバーキンのカラーを定価越えで買取するのも、希少性の高さが理由になります。

エルメスはヴィンテージ商品も高額で売ることができます。昔と比較すると定価自体も上昇していますので、使用されていなければ当時購入した価格ぐらいでの売却もできる場合があります。

例えば、10数年前に60万~70万でケリー28を手に入れた場合、現在でも60万で買取業者に売却できます。

エルメスの買取の記事バーキンの買取の記事も参考にしてみてください。

シャネル| ヴィンテージもアパレル商品も売れる

シャネルは全世界で根強いファンが多く、買取業界では常に高額買取されるブランドです。

まだまだ海外人気が高く、国内相場よりも海外相場の方が高い傾向があります。

業界内では海外バイヤーが国内の業者向けオークションで、高額落札するシーンも日常になりました。

海外相場に後押しされて、定番のマトラッセのチェーンショルダーバッグを筆頭に衣類、靴、時計、アクセサリーなど万遍なく買取人気があります。

最近のヴィンテージシャネルブームもあり、古い商品でも高額での買取が期待できます。

また、定価が高額のシャネルの衣類も高値で売ることができますが、通常の買取店では在庫を抱えるにはリスクが大きいため、買取価格は安くなりがちです。

衣類系はシャネルに強い買取店への売却か、委託販売店への販売委託がおすすめとなります。

シャネル買取の記事はこちら

グッチ|ヴィンテージ品は買取価格上昇

ミケーレ時代になって、人気上昇中のグッチですが、並行輸入による供給量も多いため、買取価格は比較的安定しています。

並行輸入品が定価の90%~80%程度で販売されるため、最新の新品状態でも、定価の70%買取が限界期待値となります。

また、発売時期から買取価格も段々と下がっていきますので、使用されない場合、早めに売却を決断するのが得策です。

グッチのアパレル衣類も人気ですが、人気上昇にともない、不正品が増加して、買取業者を悩ませています。

買取を避けたり、リスクを下げた価格での買取提示となる場合も考えられますので、アパレル衣類を売りたい場合は、ブランド衣類に強い業者に相談してください。

オールドグッチと呼ばれる1970年~80年代のグッチは芸能人が使用したり、数千円でも手に入る値ごろ感から人気が出て、最近では価格が上昇傾向にあります。

グッチ買取の記事はこちら

プラダ| 国内定価と比較すると買取価格は安め

ナイロンバッグやガレリアバッグ、カナパ、三角タグ財布など定番商品の多いプラダは安定的に人気のあるブランドです。

買取相場は中古品の流通量のほかにも、並行輸入とアウトレットが大きく影響しているのが特徴です。

プラダの並行輸入品が定価の70%~60%で販売されるため、買取価格は新品状態でも60%~50%程度の期待値となります。

定番の継続商品であれば、急いで売る必要はありませんが、1シーズン限りの商品は使用されないようであれば早めに売却を検討するのがよいかと思います。

プラダ買取の記事はこちら

ロレックス|中古でも値段が落ちない 売るなら買取優良店に

ロレックスは中古でも値段が落ちず、定価を超えて買取価格が上昇することもある、かなり珍しいブランドです。

特に珍しい商品はプレミア価格がついて、びっくりする価格で取引される場合があります。

業者の買取価格自体が高額なため、売りたい方は自らフリマアプリなどで売ろうとせずに、優良業者に売却するのがかなりおすすめです。

プラダ買取の記事はこちら

セリーヌ|売る業者を間違えたら損をする

セリーヌの買取の特徴は積極的に買取する店舗とそうでない店舗と大きく差が出やすいので注意が必要です。

セリーヌを売るときは、買い筋にしている業者に売るようにしてください。昔のヴィンテージセリーヌもブラックカラーのレザー製品は特に高額で売却することができます。

セリーヌ買取の記事はこちら

ボッテガヴェネタ|定番商品を売るなら商品状態が重要

ボッテガヴェネタは定番・継続商品の多いブランドです。毎年販売されている商品は流通量があり、希少性はありません。

希少性のない人気商品で買取価格に大きな差が出るのは商品のダメージ状態です。

ダメージ状態を少しでもよく見せるために、メンテナンスをしてから売るようにするのがおすすめです。

また、ボッテガヴェネタにはアウトレットがありますので、定番ではない新作商品はアウトレット店で並ぶ前に早めに売却を検討されるのがいいと思います。

ボッテガヴェネタ買取の記事はこちら

まとめ|ブランド品の買取を検討している方は、まずはLINE査定を試そう

ここまで、アイテムごとのブランド買取業者やブランド品を高く売るコツなどをご紹介しました。

ブランド品は状態によって買取価格が異なりますが、買取を依頼する業者によっても様々。

この記事を参考に、お持ちのブランド品にあった買取業者に査定を依頼し、高額買取を実現しましょう。

また、「買い取ってもらいたいブランド品があるけど、対面での査定が不安」という方は、買取業者ごとにLINE査定というサービスが設けられています。

これは、トークアプリのLINEで買取業者にブランド品の写真を送るだけで査定をしてくれるサービスで自宅から簡単にお持ちのアイテムの価値を知ることができます。

数分で査定が完了することもあるので、まずはお持ちのアイテムの査定額を知ることから始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

写真を送るだけ!中古ブランド買取専門業者retroによる無料査定実施中

ブランド品を売りたいと思った時、せっかく売るなら高く売りたい、でも何から始めたら良いのか、どこに売れば良いのかが分からない…

そんなことでお困りではありませんか?

ブランド品を売りたいと思ったら、中古ブランド買取専門店retroのLINE無料査定を行いましょう。

事実として、せっかく買取店舗へブランド品を持って行っても、鑑定士の誤った査定を受け、本物でも値段がつかず売れなかった、というケースが半分以上あるからです。

どうせ査定を出すのであれば、プロの鑑定士がしっかりと商品を見定めてくれる店を選びましょう。

ブランド中古買取専門店のretroであれば、
・10年以上、活躍する現役鑑定士が本物かどうかを査定する
・他社で値段がつかなかった商品に値段がつくことがある


と、プロの目であなたの大切なブランド品をしっかりと査定してくれます。
LINE@に登録して、アイテムの全体画像とダメージ画像を送っていただくだけ。

ブランドを売りたいと思ったらまずは、査定から始めてみましょう。

※現在は真贋鑑定のみの対応は行っておりません

ブランド品の無料LINE査定


お持ちのブランド品を無料LINE査定してみる

SNSでもご購読できます。