最終更新日:

ブランド買取業者10社を徹底比較!ブランド買取は得意なジャンルの業者に売る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ご自宅に昔買ったブランド品が眠っているという方も多いのでは?

もし使わないのであれば、捨ててしまうのではなく、ブランド品の買取業者に売るのが、おすすめです。

メルカリのようなフリマアプリのように、出品の手間・配送の手間がなく、手軽にそして高い価格で買取を期待できます

本記事では、

  • ブランド買取業者って、いっぱいあるけど、どこに頼んだらいいかわからない
  • 買取業者によって買取価格に違いってあるの?

といった悩みについてお答えしていきます。

ブランド買取業界経験10年を超える筆者が、代表的なブランド買取業社の比較を実施。優良な買取店をご紹介していきます。

目次

ブランド買取業者による価格の違いを比較する

業者によってこんなにも違う買取価格

同じアイテムを売るにしても、ブランド買取業者によって、査定額が大きく異なってきます

 

試しに、筆者が持っているルイヴィトンのメンズ用の「タイガ トラベルケース」を、買取業者の査定に出して見ました。

【結果】

  • 買取業者K:買取価格25,000円
  • 買取業者R:買取価格21,000円
  • 買取業者S:買取価格20,000円

業者によって、5,000円の買取価格の違いが出ました

ルイヴィトンは、人気ブランドのため中古相場が安定しており、比較的価格に差が出にくいのが特徴です。

それでも積極的に買いたいと思う業者と、そうでもない業者には買取価格に明確な差が出てきます。

今回は5,000円でしたが、ブランドやアイテムによっては数万円の差が出るケースもあります

このように、ブランド買取業者による査定額の違いを知らずに、「どこで売っても一緒だろう!」と思っていると、買取で損をしてしまうこともあるのです。

買取価格に差がでる理由は買い筋の差

それではなぜ、買取価格に差が出るのでしょうか。

買取価格の差は、そのときどきの業者の方針もありますが、買取業者がどこで売っているのか、そして得意分野・買い筋によって差がでます。業界内では「あそこの業者とはよく筋が被る」と話したりします。

でも同業者ならまだしも、どうやって買い筋の違いなんてわかるのと思われますよね。

もちろん、本当のところは中にいる人でなければわからないと思いますが、業者の形態と販売している商品である程度の推測はできます。

買取業者の形態の違い

そもそも買取業者は3つの形態に分けることができます。

①ブランド買取専門店

ブランド買取専門店は商品を販売する店舗を持たずに買取を専門にしているお店です。業界的には「なんぼや」「おたからや」「エコリング」「ゴールドプラザ」などが全国展開しており有名です。

買取専門店は当然、買い取るばかりではお金がなくなってしまいますので、どこかに販売する必要があります。

自分たちで小売りを行っていないため、買取専門店は基本的には小売り店に業者オークション・卸販売という形で販売します。

業者への売却(業者価格)を前提にしているため、どんな商品を持ち込んでも値付けをし、オールラウンドに買取してくれます。

飛びぬけて高く買取するようなことはないかもしれませんが、安定した値付けでたくさんのブランド品を一度に売りたい方にはおすすめです。

nishinomiya_gaikan
出典:エコリング

②ブランド小売り店・買取店

ブランド小売り店・買取店は店舗で小売りも、買取も行っている中古ブランド業者で、「コメ兵」「ブランドオフ」「銀蔵」など数多くの中古ブランド業者がここに該当します。

業界大手の「コメ兵」「ブランドオフ」は、自社で業者オークションも運営しているため、オールラウンドに買取すると思います。
ただその他、多くの小売り・買取店はメンズ商品に強い、毛皮に強い、シルバーアクセサリーに強い、特定ブランドに強いなど特色を出していることが多々あります。

小売りもしているため、ファンがついているような得意分野・買い筋商品は業者価格以上の価格をつけることもしばしばです。
逆に得意分野以外の商品は買取専門店と同じく、業者への売却(業者価格)を意識した買取価格になります。

むしろ得意分野以外の商品は業者価格に精通していない分、買取専門店より安くなってしまうかもしれません。

kaitori_bo
出典:ブランドオフ

③ブランド小売り専門店

買取専門店とは反対に小売り専門店も存在します。店舗コンセプトや商品セレクトに強いこだわりをもち、仕入れは主に買取専門店などから行います。

アンティークウォッチ、ヴィンテージエルメス、ヴィンテージシャネル、オールドグッチなど簡単には集めにくいヴィンテージ品をそろえて販売している店舗もあります。

小売り専門店も大々的にPRはしていないものの、買取もしてくれる場合もあります。売りたい商品がお店のコンセプトにあっている場合は、聞いてみるのもいいかと思います。

kaitori_qo
出典:QOO

ブランド買取おすすめ業者

効率的に高く売りたいと思ったとき、私のおすすめは小売り・買取店形態の中古ブランド業者に、得意分野を見極めて売る方法がおすすめです。

得意分野の商品には顧客がついており、業界内でも相場の主導役を担っていることが多いため、高額買取が期待できるからです。

もし価格が付かなかった場合も、得意な業者の評価ですから、諦めがつきます。

それでは、ジャンル別に、信頼できるおすすめの買取業者を他店と比較しながら、ご紹介していきます。

セリーヌの新しい商品・高額品の買取なら「retro.jp」

ブランド買取おすすめ店retro
出典:retro.jp

retroはセリーヌをメインブランドとして取り扱い積極的に買取をしているお店です。インターネット専門業者ですが、全国から宅配で買取を受け付けています。

取扱い実績も豊富なため、定番のラゲージから新作バッグ、レザー小物、アパレル、アクセサリーまで幅広く買取を行っています。セリーヌをできる限り高く買取してほしい方にはおすすめです。

初めての買取でセリーヌがどのように売れるのかを自分の目できちんと確かめてから売りたい!方には、ぜひretroの買取まで〜成約までの流れをまとめたセリーヌの買取の記事をご覧ください。

シルバーアクセサリーの買取なら「リンカン」

kaitori_rin
出典: リンカン

リンカンは近年シルバーアクセサリーで業績を伸ばしている業者です。シルバーアクセサリーは人気がありますが、コピー商品も多く、真贋が難しいのが特徴です。

そのため、クロムハーツはインボイス(保証書)がないと買取できない業者が多い中、リンカンはシルバーアクセサリーに精通した人間が多く、クロムハーツのインボイスなしやゴローズなども積極的に高価買取しています。

クロムハーツを売りたい方はこちらのクロムハーツ買取の記事もご参考になさってください。

バーバリーの買取なら「BBL Used」

kaitori_bb
出典:BBL Used

バーバリーを売るならBBL Usedがおすすめです。取扱量も豊富でしっかりとした値付けで査定してくれます。

バーバリーを売りたい方は是非こちらのバーバリー買取の記事も見てみてください。

エルメスの買取なら「ガゼル」

sbbt
出典:Super Brand Bargain Tokyo

エルメス買取専門店として40年の実績がある、エルメスの革バッグを売るなら知る人ぞ知るこのお店に売るのがおすすめです。

エルメスを売りたい方は是非こちらのエルメス買取の記事も見てみてください。

新品ルイヴィトンの買取なら「ブランドネット」

kaitori_bn
出典:ブランドネット

使用していない新品のルイヴィトン製品は通常の中古ブランド市場とはまったく異なる市場が存在します。そのため、売ろうと思っている側にその認識がないと損をしてしまうかもしれません。

新品のルイヴィトン製品は定価に対してのパーセンテージで各業者は買取価格を提示できますので、よりパーセンテージの高い業者に販売するのが良いと思います。

関心のある方は是非こちらのルイヴィトン買取の記事も見てみてください。

毛皮の買取なら「ストックラボ」

kaitori_stock
出典:ストックラボ

毛皮は購入金額に対してかなり安くなってしまいますが、通常の買取店に持ち込むよりも、しっかりと取り扱いがあり、売り先を持っているお店に売るのが良い選択です。

国内の需要が減少している中、通常の買取店では高い値段をつけられないですし、査定もかんたんではありません。

特にブランド毛皮に関しては見識のあるお店に売った方がいいです。ストックラボは毛皮専門店として実績と信頼を得ているお店ですので、高額買取が期待できると思います。

ブランド時計の買取なら「ジャックロード」

kaitori_jack
出典:ジャックロード

ブランド時計の老舗、超有名店ジャックロードがやはりおすすめです。豊富な知識を持っているスタッフが多く、信頼性の高い確かな買取が期待できます。

ブランド時計を売りたい方は是非こちらの記事も見てみてください。

洋服の買取なら「フクウロ」

洋服を売るならフクウロ
出典:フクウロ

洋服の買取は安くなりがちですが、少しでも高く売るなら「フクウロ」がおすすめです。

知識の豊富なバイヤーがたくさん在籍しており、一般的に価値の付きにくいアイテムでもマニア受けするようなポイントを見極めてくれます。

また、サイト上に高く売れるコツなどもサイト上で公開しており参考にすることができます。

洋服を売りたい方は是非こちらの記事もご参考になさってください。

靴・シューズの買取なら「retro.jp」

lushoes_kaitori
出典:retro.jp

使用済みの靴も高く売ることができます。靴はサイズ展開がある関係上、売り場面積に限界のある実店舗ではなく、ネット専業者に売る方が高く買取されます。

靴の取り扱い実績が豊富で、高い専門性のあるretroがおすすめです。メンズの革靴・スニーカーはもちろんレディースのパンプス・サンダルも高額査定してくれます。

ブランド ジュエリーの買取なら「買取エージェント」

kaitori_ippu
出典:買取エージェント

買取エージェントはブランドジュエリー・時計の取り扱いが豊富な一風騎士が運営する買取サービスです。自社運営の業者オークションもあり、海外販路も豊富なため、高額買取が期待できます。

5大ジュエラーのハリーウィンストン、ティファニー、ブルガリ、カルティエ、ヴァンクリーフ&アーペルをはじめ、数多くのブランドジュエリーをブランド価値で査定してくれます。

ブランドジュエリーを売りたい方は是非こちらの記事「カルティエの買取相場価格と高価査定でおすすめのカルティエ買取店3選!」も見てください。

ノーブランド ジュエリーの買取なら「ネットジャパン」

kaitori_net
出典:
ネットジャパン

ブランドのない宝飾品は、製品として二次流通できるか否かが価格の分かれ道になります。製品として通らない場合は「つぶし」と呼ばれ、18金やプラチナなど素材だけの価値で買取となります。

製品として通している商品が多く、豊富な販売実績がある業者がおすすめです。ネットジャパンはジュエリー買取の大手ですが、国内有力顧客や海外販路も多数あり、取扱高・知識も豊富なため、高額買取が期待できておすすめです。

鑑定書がなくても買取しますが、あれば一緒に渡してください。

ジュエリーを売りたい方は是非こちらのルビー買取の記事ダイヤモンド買取の記事もご覧ください。

できる限り高く買取してもらうコツ

このような買取業者・買取担当者にはご用心ください

おすすめしている業者ではなく他の買取業者を利用される場合もあると思います。

損をしないためにも、注意点だけ書かせていただきます。

依頼なしの訪問買取
依頼なしの訪問買取は規制されていますため、そのような業者はまず問答無用でお断りをしてください。もちろん高値買取は全く期待できません。

まとめ買いで話を進めてくる
1点1点価格をつけて提示せずに、「全部まとめて、いくらになります」という提示の仕方をされる場合は要注意です。

まとめられると感覚が鈍ってしまい、高額商品が低評価のまま混ざっていても売る側が気づかない可能性があります。まとめられた場合は1点1点値段も教えてくださいと言ってください。

まとめ価格と1点1点に価格に矛盾が生じるようなら売るのをやめるのが得策です。

大きな取引を現金払いで進めてくる
少額取引ならまだしも、出張買取などで何百万の大きな取引をする際、現金払いで即決を迫られたときは注意してください。

現金を目の前にされると人は感覚が鈍ります。

特に鑑定書のない大きめのダイヤモンドなど宝石を売るとき、肉眼で見える評価には限界がありますので、安く見積もられている可能性はあります。

逆にちょっとお預りして正確な値段を出しますと言ってくる業者の方が信頼はおけると思います。

熟練の査定師にあたった場合は見込みでかなりの金額を提示する場合がありますが、用心するにこしたことはありません。

売りたい商品の価値を事前に調べる

事前に、売りたいと思っている商品・状態でいくらぐらいで売られているか、確認してみることをおすすめします。

調べるサイトは楽天・ヤフーオークションで十分です。買取業者もよく楽天・ヤフーオークションを査定の参考にします。

また、貴金属やジュエリーを買取に出す場合は、事前に重さを測っておいてください。金買取相場などで検索するとその日の交換レートが出ています。

家庭用の測りは正確ではないかもしれませんが、いくらぐらいになりそうかを把握することはできます。

一度交渉する

買取業者訪問などのテレビ番組でよく見かける「もう少し、なんとかなりませんか」という交渉は、実際に有効です。

宅配買取など対面の買取ではない場合も使えますので、価格に納得がいかない場合は試してみてください。

ブランド別買取の傾向と対策

激しい買取競争の中、成長してきたブランド買取業界ですが、一定の買取傾向が確認できるようになっています。

損をしたくない、できるだけ高く売るためには、ブランド別に買取傾向・相場観を確認しておくのがおすすめです。

こちらの章では、ブランド別に買取相場に見られる傾向について書いています。

『ルイヴィトン買取』 安定相場で状態が悪いものも売れる

ルイヴィトンは国内で圧倒的な知名度と人気のあるブランドと言っていいブランドです。

中古ブランドの買取業界でも流通量は圧倒的に多く、その豊富さに触れると、いかに日本人にとってルイヴィトンが特別であるかを実感させられます。

ルイヴィトンの買取の大きな特徴は4つあります。

1.相場が安定している むしろ上昇傾向にある
現在のルイヴィトンの買取相場は多少の増減はありますが基本的に安定しており、昔と比べると上昇していると思います。

例えばアルマPMというドーム型のバックがありますが、5年以上前の店頭買取価格は一般的な中古品で1万円程度でしたが、現在は2万円ぐらいになっています。

上昇の理由はインターネットによるグローバル取引が進み、海外に高い価格で販売できるようになったからです。

2.業者間の買取金額の違いがあまりない
ルイヴィトンのバッグや財布は人気商品のため、どこの買取業者も勉強しており、買取相場も安定していますので、業者によって買取金額にそこまで差が出ない傾向があります。

ただし、ルイヴィトンの服や靴などのアパレル製品は、積極的に買取する店舗とそうでない店舗では差が出ますので注意が必要です。

3.古くても状態が悪いものでも値段がつく
ルイヴィトン買取の大きな特徴ですが、例え30年前の商品でも、ポケットがべたべたになっていも、ショルダーがちぎれていても、ルイヴィトンのバッグや財布には値段がつきます。

ルイヴィトンはリペアサービスが有名で直して使いたいという声があるのと、やはり状態が悪くても海外に販売可能できるというのが理由になります。

4.新品のルイヴィトンの中古だけ別相場が存在
ルイヴィトンの新品のみ、定価からのパーセンテージによって買取価格が決まる場合があります。

通常はよくても定価の半値程度の買取になってしまうのが常ですが、80%以上の買取になる場合があります。

買ったばかりのルイヴィトンの新品を売りたいとお考えの場合はこちらのルイヴィトン買取の記事をご参考にしてください。

『エルメス買取』 珍しい商品は古くても高額で売れる

バーキン、ケリーなどの超高級バッグで有名なエルメスは、女性にとっての憧れであり、中古ブランド買取業界でも高い人気があります。

エルメス買取の大きな特徴は、珍しい商品は人気があることです。これはルイヴィトンにはあまり見られない傾向です。

エルメスは作りの丁寧さに加えて、カラー展開・素材の組み合わせによりバリエーションが豊富にあります。

一度出会いを逃がすと二度とお目にかかれないという意味で、エルメスとの出会いは一期一会という言葉がありますが、同じものが売っていない商品は高額で買取される傾向があります。

買取業者が一部のバーキンのカラーを定価越えで買取するのも、希少性の高さが理由になります。

エルメスはヴィンテージ商品も高額で売ることができます。昔と比較すると定価自体も上昇していますので、使用されていなければ当時購入した価格ぐらいでの売却もできる場合があります。

例えば、10数年前に60万~70万でケリー28を手に入れた場合、現在でも60万で買取業者に売却できます。

エルメスの買取の記事バーキンの買取の記事も参考にしてみてください。

『シャネル買取』 ヴィンテージもアパレル商品も売れる

シャネルは全世界で根強いファンが多く、買取業界では常に高額買取されるブランドです。

まだまだ海外人気が高く、国内相場よりも海外相場の方が高い傾向があります。

業界内では海外バイヤーが国内の業者向けオークションで、高額落札するシーンも日常になりました。

海外相場に後押しされて、定番のマトラッセのチェーンショルダーバッグを筆頭に衣類、靴、時計、アクセサリーなど万遍なく買取人気があります。

最近のヴィンテージシャネルブームもあり、古い商品でも高額での買取が期待できます。

また、定価が高額のシャネルの衣類も高値で売ることができますが、通常の買取店では在庫を抱えるにはリスクが大きいため、買取価格は安くなりがちです。

衣類系はシャネルに強い買取店への売却か、委託販売店への販売委託がおすすめとなります。

シャネル買取の記事はこちら

『グッチ買取』 ヴィンテージ品は買取価格上昇

ミケーレ時代になって、人気上昇中のグッチですが、並行輸入による供給量も多いため、買取価格は比較的安定しています。

並行輸入品が定価の90%~80%程度で販売されるため、最新の新品状態でも、定価の70%買取が限界期待値となります。

また、発売時期から買取価格も段々と下がっていきますので、使用されない場合、早めに売却を決断するのが得策です。

グッチのアパレル衣類も人気ですが、人気上昇にともない、不正品が増加して、買取業者を悩ませています。

買取を避けたり、リスクを下げた価格での買取提示となる場合も考えられますので、アパレル衣類を売りたい場合は、ブランド衣類に強い業者に相談してください。

オールドグッチと呼ばれる1970年~80年代のグッチは芸能人が使用したり、数千円でも手に入る値ごろ感から人気が出て、最近では価格が上昇傾向にあります。

グッチ買取の記事はこちら

『プラダ買取』 国内定価と比較すると買取価格は安め

ナイロンバッグやガレリアバッグ、カナパ、三角タグ財布など定番商品の多いプラダは安定的に人気のあるブランドです。

買取相場は中古品の流通量のほかにも、並行輸入とアウトレットが大きく影響しているのが特徴です。

プラダの並行輸入品が定価の70%~60%で販売されるため、買取価格は新品状態でも60%~50%程度の期待値となります。

定番の継続商品であれば、急いで売る必要はありませんが、1シーズン限りの商品は使用されないようであれば早めに売却を検討するのがよいかと思います。

プラダ買取の記事はこちら

『ロレックス買取』中古でも値段が落ちない 売るなら買取優良店に

ロレックスは中古でも値段が落ちず、定価を超えて買取価格が上昇することもある、かなり珍しいブランドです。

特に珍しい商品はプレミア価格がついて、びっくりする価格で取引される場合があります。

業者の買取価格自体が高額なため、売りたい方は自らフリマアプリなどで売ろうとせずに、優良業者に売却するのがかなりおすすめです。

プラダ買取の記事はこちら

『セリーヌ買取』売る業者を間違えたら損をする

セリーヌの買取の特徴は積極的に買取する店舗とそうでない店舗と大きく差が出やすいので注意が必要です。

セリーヌを売るときは、買い筋にしている業者に売るようにしてください。昔のヴィンテージセリーヌもブラックカラーのレザー製品は特に高額で売却することができます。

セリーヌ買取の記事はこちら

『ボッテガヴェネタ買取』定番商品を売るなら商品状態が重要

ボッテガヴェネタは定番・継続商品の多いブランドです。毎年販売されている商品は流通量があり、希少性はありません。

希少性のない人気商品で買取価格に大きな差が出るのは商品のダメージ状態です。

ダメージ状態を少しでもよく見せるために、メンテナンスをしてから売るようにするのがおすすめです。

また、ボッテガヴェネタにはアウトレットがありますので、定番ではない新作商品はアウトレット店で並ぶ前に早めに売却を検討されるのがいいと思います。

ボッテガヴェネタ買取の記事はこちら

ブランド買取のまとめ

時間と労力を惜しまない方は持っているブランド品を1点1点、相見積もりを取って、一番高い業者に売っていくのが確実な方法ではあります。

ただ、やってみるとわかりますが、想像以上に手間のかかる作業です。

今回は限られた時間の中で、できるだけ高く売るのは売りたい商品が得意なお店に売るのが一番効率的で、納得性も高いという考えから、おすすめの業者を紹介させていただきました。

手持ちのブランド品を買取してもらう際にはぜひご参考ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

写真を送るだけ!中古ブランド買取専門業者retroによる無料査定実施中

ブランド品を売りたいと思った時、せっかく売るなら高く売りたい、でも何から始めたら良いのか、どこに売れば良いのかが分からない…

そんなことでお困りではありませんか?

ブランド品を売りたいと思ったら、中古ブランド買取専門店retroのLINE無料査定を行いましょう。

事実として、せっかく買取店舗へブランド品を持って行っても、鑑定士の誤った査定を受け、本物でも値段がつかず売れなかった、というケースが半分以上あるからです。

どうせ査定を出すのであれば、プロの鑑定士がしっかりと商品を見定めてくれる店を選びましょう。

ブランド中古買取専門店のretroであれば、
・10年以上、活躍する現役鑑定士が本物かどうかを査定する
・他社で値段がつかなかった商品に値段がつくことがある


と、プロの目であなたの大切なブランド品をしっかりと査定してくれます。
LINE@に登録して、アイテムの全体画像とダメージ画像を送っていただくだけ。

ブランドを売りたいと思ったらまずは、査定から始めてみましょう。

※現在は真贋鑑定のみの対応は行っておりません

画像送るだけ!retroの無料LINE査定


お持ちのブランド品を無料LINE査定してみる

SNSでもご購読できます。