最終更新日:

ジョンロブのおすすめ買取店と少しでも高く売るコツをご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

紳士靴の中でも別格の存在である「ジョンロブ」もはや説明不要、メンズレザーシューズの王様です。

名作である「シティ」「フィリップ」「ウィリアム」はあまりにも有名ですが、定価も非常に高いのでなかなか手が出せないブランドであるのも確かです。

中古市場ではそこまで定価はあまり関係なく、人気の高さで買取価格も決まってきます。定価が高くても人気がないラインなら買取価格も低くなってしまいます。

レザーシューズの王様ジョンロブのおすすめ買取店や少しでも高く売るコツをまとめましたのでぜひご覧ください。

ジョンロブを売るのにおすすめの買取店

ジョンロブの買取でより高い買取金額を提示してくれる店舗3選をご紹介いたします。

どの店舗も特色がありますのでご自身に合った買取方法をお選びいただき、納得の買取をしてもらえるようにしましょう。

エコスタイル

ジョンロブのおすすめ買取店エコスタイル
出典:エコスタイル

エコスタイルは、ブランドアパレルの買取を得意とする買取業者で、取り扱いブランドは20,000以上です。

スーツやビジネスバッグなどビジネスマンに人気のアイテムから、スニーカーやリュックなどカジュアルなアイテムまで積極的に買取をしています。

ブランドアイテムの買取に力を入れているため、ジョンロブは定番の人気シューズからレアなシューズまで幅広く買取をしています。

特に高額買取が期待できるアイテムは、人気の高いシティ、フィリップなどです。サイドゴアブーツ、ベルト、スニーカーも人気があるため積極買取しています。

ジョンロブのものであれば、履いたことがある靴や古いモデルでも買取可能なので、他店で断られたことがあるものでも査定をお願いしてみるといいでしょう。

リユース営業士、遺品整理士、生前整理アドバイザー、整理収納アドバイザー、終活カウンセラーなど有資格者が多数在籍しており、各カテゴリに専任担当者がいるので専門知識のある査定員に査定してもらえます。

シューズ以外にも、洋服・スーツ・バッグ・時計・ジュエリー・貴金属・食器など幅広いジャンルの買取をしているので不要なものがあれば一緒に査定してもらうのがおすすめです。

宅配買取、出張買取、店頭買取に対応しており、店頭買取では1点から対応可能です。実店舗は都内、静岡、大阪のエリアにあります。

【おすすめポイントまとめ】
・アパレルやシューズの買取が得意
・ジョンロブの買取実績が豊富
・難ありのアイテムでも買取可能

【買取方法】
・宅配買取
・店頭買取
・出張買取

ジョンロブの買取をエコスタイルに依頼するにはこちら

retro

ジョンロブの買取おすすめてんretro
出典:retro.jp

retro.jpは東京・渋谷にあるブランド買取業者で、株式会社retroが運営しています。ブランド靴やブランドジュエリーなど、ブランド品をメインに扱っている買取業者です。

年間買取実績は15000件を突破しており、買取実績が豊富なので安心して買取を依頼することができます。

革靴・ビジネスシューズの買取に強みがあり、ジョンロブの買取実績も豊富です。ホームページにはジョンロブの買取実績や買取参考価格一覧が掲載されているので、買取相場の参考にチェックしてみてください。

定番の人気モデル、シティ、フィリップ、ウィリアムなどはもちろん、ジョンロブのスニーカー、ベルト、財布なども積極的に買取しています。希少価値の高いイヤーモデルは高額買取の対象となっています。

傷やシミがあったり、使用感があるシューズや小物でも買取可能です。シューズ以外にも幅広く買取しているので、他にも使用していないものがあれば一緒に査定をお願いしてみるといいでしょう。

「委託販売」や「業者オークション出品代行」など、通常の買取よりもさらに高く売りたい方に向けたサービスを提供しているのも他の多くの買取店にはない特徴です。

宅配・出張での買取がメインとなっており、店舗費用がかからない分、他の買取店よりも高価買取を実現しています。

実店舗は構えていませんが、渋谷駅から徒歩数分のところにある本社で対面での買取にも対応しています。

スマホで写真を送るだけのLINE査定や、Zoomを通してのビデオ査定も可能です。ITを駆使したカスタマサポートがあるのも魅力的で、買取を依頼した人それぞれに自分のページ「マイページ」が付与されるので買取状況が一目でわかります。

【おすすめポイントまとめ】
・革靴、ビジネスシューズの買取に強みがある
・ジョンロブの買取実績が豊富
・傷、シミ、使用感があるシューズも買取可能
・委託販売やオークション出品代行のサービスがある
・無料の宅配キットあり
・マイページで買取状況がチェックできる

【買取方法】
・宅配買取
・出張買取
・持ち込み買取

ジョンロブの買取をretroに依頼するにはこちら

ジョンロブを少しでも高く売るためのコツ

ジョンロブを買取してもらう時はせっかくですから少しでも高額に査定をしてもらいましょう。

高額につなげるためにやっておくべきちょっとしたことや条件などをご紹介します。

状態が良い、手入れがなされている

ジョンロブ買取 高額査定条件
ジョンロブの買取で高額になるのは未使用品であることがあげられますが、使用していたとしてもジョンロブのレザーシューズは手入れをしっかりしていれば10年以上履くことができます。

もちろん毎日履いてしまっては傷みも早いのですが、ある程度休ませる時間もつくりながら定期的に手入れをすると長く履くことができます。

買取に出した時もボロボロの状態より手入れの行き届いているシューズのほうが買取価格も高額になります。

さらに以下の内容が含まれていると高額買取になる可能性が高まります。

インソールのロゴが鮮明である
ジョンロブ買取 高額買取条件

シューズの中古買取についてはインソールの状態も重要です。

インソールが汚すぎたり、インソールのブランドロゴが不鮮明になってしまっていると買取価格に影響してきます。こちらの画像であればインソールにダメージはありますが、ブランドロゴは見えるので大幅なマイナスにはならないと思います。

アウトソールが削れていない
ジョンロブ買取 高額買取条件 アウトソール

シューズなのでアウトソールが汚れてしまったり、削れてしまうことは仕方のないことですが、レザーシューズの買取でアウトソールのダメージが大きいと買取価格に響いてしまいます。

アウトソールのダメージがひどいと張り替えないと履けないこともあり、そのような状態になってしまいますと買取価格はガクッと下がってしまいます。

画像のソールはコバ部分が割れてしまっているのとヒール部分がだいぶ削られてしまっているので買取価格は低くなってしまいます。

履きジワが少ない
ジョンロブ買取 高額買取条件 履きジワ

レザーシューズは使用していれば履いている足の形や歩き方に合わせて履きジワが入ります。この履きジワが目立つほど買取価格が低くなってしまいます。

左側の【履きジワがない】画像はアッパーが非常にきれいなので高額買取されるでしょう。一方右側の【履きジワが目立つ】画像はだいぶ大きめの履きジワが入っていますのでマイナス査定となり買取価格は下がってしまいます。

箱、保存袋等の付属品

ジョンロブ買取 高額買取条

箱や保存袋につきましては査定に出すときにあったほうが良いです。

大幅に買取価格に影響があるかといったら実はそのようなことはないのですが、絶対にないよりはあったほうが良いので一緒に査定に出しましょう。

ただ、箱、保存袋共にすごく汚れていたりボロボロの状態であれば逆にもっていかないほうが良いです。これは気持ちの問題ですが査定士も人間です。悪い印象を持たれないほうが良いでしょう。

シューツリー付

 
常に保管時にはシューツリーは欠かせません。履きジワを伸ばし型崩れを防ぎ、消臭、乾燥の効果もあります。

このシューツリーですが買取時にもっていくのはブランド純正のものにしてください。社外(ジョンロブ以外のブランド)シューツリーを持って行っても買取価格に影響はあまりありません。

純正のきれいなシューツリーであれば、各業者によりますが1,000円~3,000円程度は上乗せされると思います。

ジョンロブの修理はジョンロブで


ジョンロブの買取以外でも言えることですが、ブランド品の修理をそのブランド以外で行って社外の部品がついていた場合、買取価格が大幅に下がってしまいます。

補修跡がある時点である程度買取価格は下がってしまうのですが、補修した部品がブランドの部品でないと、買取後に通常の相場で販売することが難しくなってしまいます。

修理の大部分はソール交換だと思いますが、ぜひジョンロブのブティックへ行き相談してみてください。若干修理費用は高くなるかもしれませんが、隅々まで知り尽くしているブランドで修理するほうが仕上がりのクオリティが高いですし、売ろうと思った時もジョンロブで修理をしていたほうが評価は高くなるのでおすすめです。

【ジョンロブの直営ブティック】
ジョンロブ丸の内
ジョンロブ東京ミッドタウン
ジョンロブ名古屋
ジョンロブ大阪
ジョンロブ福岡

中古市場では安くなるビスポーク

ジョンロブ買取 ビスポーク
ビスポークというのはオーダーメイドと理解していただければ問題ないかと思います。

ジョンロブのオーダーメイドなんて最高な贅沢品だと思いますが、一説によると100万円近くかかるとか…。オーダーメイドなのでやり方はいろいろあり、すべてがこの価格ではないと思いますが超高額になることは間違いありません。

この超高額なジョンロブのビスポークシューズの買取価格が安くなってしまうとはどういうことなのでしょうか?

ビスポークはオーダーメイドだと言いましたが、オーダーメイドで作ってますので「購入者のための唯一無二の形」になっているということです。作り手としては既製品ではないので一人一人形が違いその人用にカスタマイズしなければいけませんので手間と時間がかかります。必然的に価格が高額になります。

ここで問題になるのは中古で買取するということはその人用になっているものを買取し、販売をしなければいけないということです。「購入者のための唯一無二の形」になってしまっているものは市場ではその価値がありません。

むしろ既製品であれば大概の方の形に合うので需要があるのですが、オーダーですと購入できる人の割合がガクッと減ります。中古市場では需要がない商品の買取価格は低くなってしまいます。

ビスポークは最高の贅沢ですし売ってしまうのはもったいないので、売るよりも履き続けた方が良いでしょう。

買取金額が安くなってしまうライン

ジョンロブ買取 ニュークラシックライン
出典:OPENERS

ジョンロブのレザーシューズの定価は大体18万円から30万円と高額なので、購入するのもためらってしまいなかなか手が出せないという意見が多いと思いますが、2017年に製法などを見直した「ニュークラシックライン」を発表しました。

このニュークラシックラインについては元々定価が低めなので、買取価格も通常のジョンロブと比べてしまうと低くなってしまいます。

定価は13万円で、なぜこのように安くできたかというとシューズを構成するパターン数を増やすことによって実現しました。通常のラインでは5-6パターンで構成しますが、ニュークラシックラインは15パターンで構成されています。

パターン数が増えると何が変わるかというと、パターン数が少ないと1つのパターンの大きさが大きくなります。その大きなパターンで傷を避けて選りすぐってカットするので、カットして余った革はパターンの大きさに満たず使うことができませんでした。しかし、パターン数を増やしたことで使用する革の面積が小さくなる分、傷を避けてカットできる部分が多くなって最高級の革が最大限有効活用ができるということになります。パターンの面積が小さくなればカットできる部分が増えて捨てる革も少なくなり、その結果リーズナブルな価格のシューズが作れるようになったということです。

もちろんパターン数が多くなればその分デザインに影響を与えることになりますので、好みの問題ということもあります。

ジョンロブを安く購入するためにはどうする?

ジョンロブ買取 少しでも安く購入する方法
ジョンロブは中古買取でも高額になる人気ブランドですが、もちろん定価も高額なのですぐに手が出せるブランドではありません。

また新品で購入して売る場合、少しでも利益が出たほうがいいですよね?

そこで、少しでも安く購入するにはどうしたらよいのか調べてみました。

【本国で購入する】
こちらはどの海外ブランドにも言えることですが、そのブランドの本国で購入するということです。関税もなくタックスフリーなので本国で売っている税抜き価格そのままで購入ができます。

為替の変動などがあり、一概には言えませんが大体日本で購入するよりも20-30%くらい安くなっているようです。

ただ、下の「ジョンロブには2種類あるって知ってた?」でも書きますが本国がどこなのか、ということになると恐らくイギリス(ロンドン)かと思います。ロンドンでは既製品がないのですべてオーダーになり、60-70万円はしてしまうかもしれません。

そうなるとフランス(パリ)には既製品があるのでだと安く買えるのかというと、買えます!オーダーでない商品の場合はパリで購入すると安く買えます。ただ、オーダーになるとパリはロンドンの約2倍という話です。なぜならパリはエルメス傘下なのでブランドとしての価値が価格に反映されてしまうようです。

【工場直営のアウトレットで購入する】
ジョンロブに限らず中古市場で人気のエドワードグリーン、チャーチ、クロケットジョーンズ、トリッカーズなどそうそうたるブランドの製造工場があるのがイギリスのノーザンプトンです。

ここにはファクトリーショップといわれる、いわゆるB品や返品などを購入することができるのです。B級品といっても使用していたら出来てしまうような傷であったり使用にはほとんど問題ないレベルですので気にしない方にはかなりお得です。

そもそも本国のブティックで購入すれば日本よりも安く購入ができますが、ファクトリーショップですとさらに半値近い価格で購入することも可能です。

【ニュークラシックラインを購入する】
「買取が安くなってしまうライン」でもご紹介したニュークラシックラインですが定価が安くプレステージ、クラシックと比べると30%程度安くなっています。

パーツの数が増えてしまってデザインが若干変わりますがそれも遊び心と捉えて、唯一無二のラインとして新たな価値を見出しています。ただこのニュークラシックラインはなかなかお目にかかることができません。デリバリーは余った革次第という不定期さ。

キャップトゥ、ダブルモンク、ローファーと人気の形がライナップされています。

TAUNTON(トーントン)

ジョンロブ買取 ニュークラシック TAUNTON
ジョンロブ ニュークラシック TAUNTON(トントーン)
出典:OPENERS

7000番ラストを使いシティⅡと同じ雰囲気を感じます。パーツは増えましたがジョンロブらしさは失われていません。

EMBER(エンバー)

ジョンロブ買取 ニュークラシック EMBER
ジョンロブ ニュークラシック EMBER(エンバー)
出典:OPENERS

こちらも7000番ラストを使用し流麗なシルエットが美しい一足です。ダブルモンクながらウィングチップ仕様になっていてニュークラシックライン特有の左右異なる切り替えが施されています。

ADLEY(アドレイ)

ジョンロブ買取 ニュークラシック ADLEY
ジョンロブ ニュークラシック ADLEY(アドレイ)
出典:OPENERS

パーツが多くなった価値の劣るラインと思うかもしれませんが、アップー部分に施されているダブルステッチは高い技術を証明しています。

ジョンロブには2種類あるって知ってた?

ジョンロブといっても実は2種類の「ジョンロブ」が存在していると知ってましたか?

同じジョンロブなのですが、会社自体はまったくの別物。

ざっくり分けてしまうとこういうことです。

ジョンロブロンドン=通称「ロブロンドン」
→ビスポークのみ

ジョンロブパリ=通称「ロブパリ」
→ビスポークの他に、既製品も取り扱いあり

もともとイギリスで創業したのでイギリスのブランドなのですが、パリの支店でも営業をしていました。ですが、業績が不振になりパリ支店は閉鎖寸前まで追い込まれてしまいます。

それを救ったのが超有名ブランドの「エルメス」です。エルメスグループがジョンロブの技術を見込んで買収したのがきっかけでジョンロブパリが生まれました。

ジョンロブパリでは既製品の販売を始めましたが、ジョンロブロンドンでは昔から変わらぬビスポークのみ作っています。

ジョンロブ買取のまとめ

ジョンロブ買取について、状態や年代によって買取価格もだいぶ変わってきてしまいます。

少しでも高く売る秘訣は、少しでも早く売る、ということです。もう履かないな、売ろうかなと思った時が売り時です。遅くなればなるほど買取価格は下がってしまいます。

損をせずに少しでも高く売ることが出来ることを願っております。買取価格について簡単に目安を聞くことができるLINE査定はおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINEで写真を送るだけ!中古ブランド買取専門業者retroによるジョンロブの無料査定実施中

お持ちのジョンロブで最近あまり使っていないアイテムありませんか?

古くなっていたり、使用感があっても期待以上の価格がつく場合があります!

ジョンロブを売りたいと思ったら、中古ブランド買取専門店retroのLINE無料査定を行いましょう。
方法はいたって簡単!LINEから写真を送るだけです。

事前に大体の金額を知ることができれば何度も店舗へ足を運ぶこともなく手間と時間の節約になりますし、品数が多い場合は持って行くのも大変です。

どうせ査定を出すのであれば、プロの鑑定士がしっかりと商品を見定めてくれる店を選びましょう。

事実として、せっかく買取店舗へブランド品を持って行っても、鑑定士の誤った査定を受け、本物でも値段がつかず売れなかった、というケースが半分以上あるからです。

ブランド中古買取専門店のretroであれば、
・10年以上、活躍する現役鑑定士が本物かどうかを査定する
・他社で値段がつかなかった商品に値段がつくことがある


と、プロの目であなたの大切な価値のあるジョンロブをしっかりと査定してくれます。
LINE@に登録して、アイテムの全体画像とダメージ画像を送っていただくだけ。

ジョンロブを売りたいと思ったらまずは、査定から始めてみましょう。

※現在は真贋鑑定のみの対応は行っておりません

ジョンロブの無料LINE査定へ


ジョンロブを無料LINE査定してみる

SNSでもご購読できます。