最終更新日:

高級ブランド品のクリーニング店おすすめ【5選】誰も教えてくれてない業者の選び方を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大事な人からプレゼントされたブランド品のバッグ。

お気に入りで大切に保管していたのにカビやシミや汚れがついてしまった。残念だけど、もう捨ててしまおうかしら・・・と諦めているそこのあなた。

諦めるのはまだ早いですよ!あなたの汚れたブランド品、専門のクリーニングに出せば驚くほど綺麗になるかもしれません。

ブランド品のクリーニングは専門の業者・職人の世界です。

日々職人たちが洗浄剤やトリートメント剤を工夫し進化させ、時間をかけて難易度の高い汚れと戦っていますので、大概の汚れはお手のものです。

今回はブランド品クリーニングでどこまで綺麗になるのか、業者の選び方について書きたいと思います。

思い入れのある品だからお金を掛けてでも大切に使い続けたい、と思う人は必見です!

【比較】おすすめのブランド品クリーニング業者:5選

大切なブランド品に対して納得いくクリーニングをしてもらうためには、クリーニング業者ごとの特徴を理解しておくことが重要です。

ここからは、おすすめのブランド品クリーニング業者について詳しく説明します。

※料金やサービスは、執筆時のものとなります。詳しい情報は、公式ページをご確認ください。

白洋舎

出典:白洋舎

白洋舎は、多くの人に知られている業界最大手のクリーニング店。

たくさんの衣類のクリーニングに携わってきたからこそ、ブランド品のクリーニングに対する知識や技術も確かなものとなっています。

特に、ブランド品のロゴやタグといったブランドを象徴する部分を丁寧に取り扱うことを心がけており、ファスナーやボタン、バックルといった付属品が破損しないように慎重にクリーニングしてくれるのが安心できるところ。

使用期間が長くなるほど気になってくる毛羽立ちや毛並み、風合いといった素材の変化にも慎重に対処してくれるのも魅力です。

デリケートのブランド品だからこそ、慎重かつ丁寧にクリーニングしてくれるため、手元に戻ってきた時の変化の大きさにきっと満足いくはず。

特別な素材やデザインをしたブランド品であっても、アイテム1つひとつの特性に合わせたクリーニング方法を選んでくれるので、クリーニングによって劣化が進む心配も少ないでしょう。

素材や状態にもよりますが、実際に高級ダウンジャケットを白洋舎でクリーニングしてもらった場合、料金やサービスは以下のようになります。

公式ホームページはこちら

リナビス

出典:リナビス

リナビスは、創業60年の信頼と実績を持つ、革製品専門の宅配クリーニング業者。

ブランドバッグや財布、靴や特殊衣類といった幅広い皮革製品のクリーニングに対応しているため、あなたの大切なブランド品をしっかりとメンテナンスしてもらうことが可能です。

また、ほかのクリーニング業者では対応が難しい、こばの擦れや剥げ、細部の色補正やほつれといったダメージにも熟練の技術で対応してくれるのも魅力。

追加料金がかかりがちな細部のメンテナンスも、コース料金の範囲内に納めて修理してくれるので、費用面の心配を最小限に抑えることができますよ!

クリーニングを依頼する方法が簡単なのも良いところ。インターネットでクリーニングを依頼したら自宅に届く集荷キットにブランド品を詰めて、集荷業者に依頼してリナビスに送付するだけなので、自宅から出ることなくクリーニングをしてもらえます。

ただし、集荷キットが発送されてからキャンセルするとキャンセル料が発生するので、事前にコース内容や料金を確認しておくことが重要。

納期は最短でも1ヶ月はかかるため、余裕をもって依頼する必要があります。

公式ホームページはこちら

リネット

出典:リネット

リネットは、会員数が40万人を超える人気のクリーニング店。

ネット完結型の店舗なので、自宅から出ることなくブランド品をクリーニングしてもらえます。

スマートフォンで申し込みをしたら自宅で配送業者にブランド品を手渡すだけでクリーニングしてくれるので、忙しい人でも手軽にクリーニング依頼することが可能。

最短2日後にクリーニングしたブランド品を届けてもらえるので、「急いでクリーニングしてほしい」という人でも安心して依頼することができます。

また、シルクやカシミヤといった高級素材が使われたブランド品でも、素材に合わせて丁寧にクリーニングしてもらえるのも良いところ。

1つひとつのブランド品を丁寧に取り扱ってくれるため、大切なアイテムを長く使い続けられるでしょう。

クリーニングに納得できなかった場合や、万が一の事故が発生した場合は専用窓口で手厚いサポートを受けることができるので、安心してクリーニングを依頼できますよ!

公式ホームページはこちら

キレイナ

出典:キレイナ

キレイナは、どのような特殊素材や高級ブランドの服でもキレイにクリーニングしてくれる店舗。

ただクリーニングするだけではなく、衣類が長持ちするクリーニングも心がけているため、大切なブランド品を長く愛用できるでしょう。

商品1点1点について、どのクリーニング方法が最適かを考えながら取り扱ってくれるので、ブランド品に与えるダメージを最小限に抑えてくれます。

特に、風合いやふんわり感が大切になるセーターやダウンジャケットは、繊維の中までしっかりキレイにしたうえで素材の良さを最大限に引き出す仕上げをしてくれるので、クリーニングに出す前との違いにきっと驚くでしょう。

また、通常のクリーニング以外にも、黄ばみや色あせ、にじみやカビといった修正や修復が必要な衣類にしっかりと対応できる技術を持っているのも魅力。

他店では対応できなかったようなクリーニングも、キレイナに依頼すれば納得いく対応をしてもらえるはずです。

公式ホームページはこちら

プロケア

出典:プロケア

プロケアは、繊維の1本1本にまで気を配ったクリーニングをしてくれる店舗。

ブランド品の素材や質感を重視して丁寧に取り扱ってもらえるので、長年使い続けたブランド品でも本来の魅力を最大限に引き出してくれます。

服に合わせた洗い方をしているのはもちろんのこと、ブランド品の形状に合わせたアイロンがけや手縫いでのボタンやほつれの補修といったきめ細かいケアをしてもらえるので、クリーニングによってブランド品が受けるダメージを最小限に抑えることが可能です。

また、クリーニングした衣類は最大8カ月無料で保管してくれるのも良いところ。

次のシーズンが来るまでに最適な環境でブランド品を保管してもらえるので、自宅で保管することによって状態が悪化するリスクを避けられます。

期間によっては全コース30%オフでブランド品をクリーニングしてもらうこともできます。

「宅配クリーニングを利用するのが初めてなので不安」という人でも、費用を抑えてクリーニングを依頼できるので安心です。

公式ホームページはこちら

高級ブランド品のクリーニング業者の選び方

ブランド品のクリーニングは、職人の手作業によって行われます。

そのため、職人の腕によって、出来栄えは大きく変わってきます。

お客様にとって大切なブランド品ですので、価格だけでなく、自分がとりたい汚れがとれるかどうかを基準に業者を選定する必要があります。

見積り時のスタッフの対応の良さ

大切な品物を預けることになりますので、信頼できる人にお願いしたいですよね。

しっかりした業者ほど、スタッフのサービス対応にも目が行き届いているものです。

自分のとりたい汚れに対して真摯に耳を傾けてくれる、確実で良い方法を提案をしてくれるような業者の方がいいでしょう。

複数の業者に見積りをとる

無料で見積りをとってくれる業者がほとんどですので、時間が許す限り複数の業者に依頼してみましょう。

多くの職人は見積りの際に自分がその汚れをとる自信があるかどうか教えてくれます。

発想や返却時にかかる送料

品物を発送する際の送料・クリーニング後の返却送料・見積り後クリーニングをしない場合の返却送料設定など、業者ごとにサービス内容が異なります。

送料は意外と見落としがちなところですので、予め確認するようにしましょう。クリーニング金額によっては返却送料が無料となる業者もあります。

撥水加工や消臭などのサービスが含まれているか

標準のクリーニングに加えて、撥水加工や消臭などを標準サービスに組み込んでいる業者もあります。

通常オプションとして取り扱われるサービスですので、料金比較をする際は組み込みサービスの有無と併せて比較するようにしましょう。

クリーニングから返送までの日数

クリーニングは概ね、見積り承諾から2週間程度は掛かりますが、どの程度の日数が掛かるかは業者ごとに異なります。

いつまでに使いたいという希望があれば、事前に業者に相談するようにしましょう。

ブランド品クリーニングのBefore&After

ブランド品のクリーニングは大きく分けるとバッグ、靴、衣類の3つに分かれます。それぞれ得意な業者・職人が分かれることも多くあります。

まずはそれぞれ、どこまで綺麗にすることができるのビフォアアフターで確認してみましょう。

ブランド バッグクリーニング

ブランド品クリーニングの中でも、高額な分だけ悩んでいる人も多いのが、バッグクリーニングです。バッグのクリーニングで多いのが、カビとり、ペン・インク跡の除去、食べ物・飲み物のしみとり、黒ずみ除去、変色・色落ち対応などです。

例えば、あまり使っていないのに、カビだらけになってしまったことはありませんか。クリーニングなら持つこともできないカビだらけのコーチのレザーバッグもすっかり綺麗になります。

bagcl01

持ち手や四隅が黒ずんだバレンシアガのバッグもクリーニングとリカラーでよみがえります。

bagcl02

ブランド 靴クリーニング

シーズンに入って使おうと思っていたらブーツがカビている。アッパー・インソールが使いこんで汚れていて履かなくなってしまった。そんな経験はありませんか。靴クリーニングで多いのが、カビとり、匂いとり、汚れとりです。

カビだらけになったレッドウィングのブーツもカビ取りクリーニングですっかり綺麗になります。

shoes01

靴クリーニングは丸洗いが通常で、職人が特殊な洗剤で靴をゴシゴシと手洗いし、洗ったあとに保湿を行います。業者によってはレザー部分の擦り傷の補修や、染色を行ってくれるところもあります。

ブランド 衣類

ブランド品の衣類クリーニングで多いのはアウターのカビ・匂いとり、ワンピースなどのシミ抜きです。ブランド品のコートやジャケット、着物など○十万円もするので、なんとかしたいと思うのは普通かもしれません。ただ家庭でなんとかしようと思って、どうにもならない。普通のクリーニング業者にお願いしてもダメな場合は、早めに専門業者にお願いするしかありません。

白カビが発生したナイロンジャケットも特殊薬品と漬け込み処理できれいになります。

cloth01

シミ抜き・汚れとりは汚れの種類を見極め・汚れの種類に応じた専用の特殊洗剤で除去していく、まさに職人芸の世界です。熟練の職人がいるかどうかは修復師や国家資格のクリーニング師がどれぐらいいるかどうかも参考になります。特に通常の業者が断るシルク素材の汗じみなどの染み抜きは専門業者・熟練職人でしかできません。

クリーニングの申し込み方法の違い(店頭、宅配)

それでは数あるクリーニング業者の中からどうやって適切な業者を選べばいいのでしょうか。

ブランド品のクリーニングは高級な分だけ、扱いには気をつけてもらいたいですし、汚れがとれないならまだしも、逆にダメージを受けて返却されてしまっては元も子もありません。

ブランド品のクリーニングの申し込み方法は「店頭持ち込み」か「宅配」の2つの選択肢があります。

店頭持ち込みクリーニング

店頭持ち込みは、比較的広範囲に店舗展開している靴専科、ミスターミニットの一部店舗、もしくはブランド品クリーニングに対応しているクリーニング店、町のレザークリーニングなどの専門店に持ち込む方法になります。

もしお住まいの地域にこのようなお店がある方は、クリーニングしたい品物が綺麗になるかどうか気軽に相談もできておすすめです。

宅配クリーニング

ブランド品クリーニングを取り扱っている店舗は多くはないのが実態です。そのような方には宅配クリーニングという方法があります。

宅配はブランド品クリーニングの専門店にダンボールで品物を送ってクリーニングを申し込む方法です。申し込み後、自宅に配送用のキットが送られてくる場合もあります。
運送業者はヤマト運輸や佐川急便など、通常の宅配業者を使用する形になり、自宅に集荷に来てもらうか、コンビニから送る形となります。

通常は、品物を送ったあとに業者からクリーニングの見積りが送られますので、承諾すればクリーニングが開始されますし、断れば返送されます。返送の際の送料が掛かる(着払いで配送される)業者もあれば無料の業者もあります。

ブランド品の宅配クリーニングの有名業者はいくつかあります。

281125508_2
靴専科
北海道から中国地方まで全国展開している老舗のクリーニング業者です。屋号に靴とついていますが、バッグのクリーニングも行っています。近くに店舗がある方は一度相談に行くことができます。宅配の場合は、電話で相談を行い最寄りの店舗に配送する形になります。

281125508_1
ワールドnet
10年以上インターネットでブランド品クリーニングを宅配で受け付けているブランドバッグ・靴クリーニング専門の老舗サービスです。練馬区を中心に11店舗展開するクリーニング会社「光栄舎」が母体となっています。難易度の高い汚れにも対応可能、実績も豊富で安心感を大事にする方にはおすすめのサービスです。

281125508_3
協和クリーニング
こちらも10年以上インターネットで宅配クリーニングを行っている老舗です。愛知県のお店が母体となっており、全国から宅配を受け付けています。昔から皮革製品のクリーニングを専門にしていますので、革系のクリーニングをお願いしたい人にはおすすめのサービスです。

281125508_4
デア(旧名称:パックマン)
こちらも10年以上インターネットで宅配クリーニングを行っている老舗です。高級衣類のクリーニングの実績が豊富ですので、ブランド衣類クリーニングに悩みがある方は一度相談してみるのもいいかもしれません。

ブランド品クリーニングのオプション

ブランド品クリーニングには撥水加工やカビ取り、消臭など様々なオプションサービスが用意されています。もし予算的に余裕があれば、大いにおすすめです。クリーニング業者から提案もしてくれますので、ぜひ検討してみるといいでしょう。

カビ菌除去

長雨が続く梅雨時期を中心に発生するカビは、大切にブランド品を使いたい私たちの大敵です。

ほとんど使っていないブランドバッグや洋服にカビが発生していたというのは多くの人が経験している悲しい体験です。

カビは汚れが大好物です。乾いているはずのクローゼットに保管しておいても、適度な換気や除湿剤を置かなければカビはどんどん繁殖する可能性があります。

業者クリーニングの多くはカビ取りオプションをつけているところが多く、個人で除去できない場合は大切なブランド品を守るために早めに依頼を検討するのもひとつです。

ただし、カビ菌が素材に根を張ってしまうと、業者クリーニングでも取りにくくなります。現在の技術では、表面のカビ菌は除去できても、根っこまでは専用のカビ除去剤でも取り切れないからです。しばらくするとカビが再発生する可能性があります。

そのため、少しでもカビの匂いがする場合はカビ取りオプションを使って、はやめの予防を行ってください。

クリーニングでもとれない汚れには

クリーニングでも取り切れない頑固な汚れは諦めるしかないのでしょうか。
特にレザーのブランド品なら、リカラーという魔法で、頑固な汚れはもちろん、色剥げや退色をみごとに解決できます。

リカラーとは元の素材の色と同色の色を調合で作り出し、塗装する技術のことです。

色の調合には専門性と経験を必要とし、素人と熟練した職人では仕上がりにも大きな差がでます。

熟練職人によるリカラーはぱっと見で塗装したかどうかはわかりません。また、業者によっては専用塗料を開発し、レザーだけでなく、キャンバスや合皮、スウェード素材のリカラーにも対応していますので、クリーニング品によって相談してください。

修理も一緒に

ブランド品のクリーニングのほかに修理サービスも行っている業者の場合、見積り時に修理も提案してくれます。

バッグならほつれ修理や内張修理、靴ならヒールやソール交換といった形で、クリーニング以外に品物にとっておすすめの修理をご案内してくれます。

もし、必要だと感じたら、併せてお願いした方が安くすみますので、お願いするといいと思います。

業者クリーニングの前にやっておくべきメンテナンス

ブランド品を長く、大切に使い続けるには自宅でのメンテナンスは外せません。

過ぎた汚れやダメージはクリーニング業者でも難しい場合がありますし、クリーニング可能でも価格が高くなってしまう場合があります。

ダメージを減らすために実践できることがありますので、できる限り行うようにしてください。

保管時はきちんとした湿気・防虫対策

革製品は湿気に弱いため、通気性の良いところで保管してください。

靴箱やクローゼットに除湿剤を入れておくのは必須の対応です。特にオフシーズン保管しておくブーツは保管前にからぶきとブラッシングをしたあと、靴の汚れ落としクリームで、カビ繁殖の原因となる汚れも落としてください。

また、靴の中に乾燥剤(シリカゲル)を入れて保管しておくとよいと思います。

ブランド品を購入すると一緒についてくる保存袋や、クリーニング後のビニール袋で保管する方法は湿気を逃さないので劣化の原因となります。通気性のよい不織布などで保存するようにしてください。

冬物コート・ダウンの保管前は必ずクリーニングで汚れをとるようにしてください。食べかす汚れなどは虫食いの原因となります。保管時は防虫剤も一緒に入れるようにしてください。

使い終わったら簡単なお手入れ

革製品を使用した後は乾いたやわらかい布で拭いて汚れやほこりを落とし、ブラシを使って力を入れず軽く表面をブラッシングしてあげてください。バッグの場合は手垢により持ち手が黒ずみやすくなりますので布でよく拭くようにしましょう。ブラシを使う際は縫い目など布では拭ききれない汚れも落とすようにしてください。また、時々は革用のクリームなどを適量塗って保湿してあげると長持ちします。

できる限り高級ブランドの革製品を雨の日に使用しない方がいいのですが、もし雨に濡れてしまった場合は水分をしっかりとふき取り、陰干しで時間をかけて乾かしてください。乾燥機や直射日光などで急激に乾かすと革から急速に水分が失われてひび割れの原因にもなります。

スーツやコートなどの衣類は、使用後は襟もとや肩などを中心にブラッシングし、虫の好物となる毛髪やふけを落とすようにしましょう。

古物のプロが実践するメンテナンスクリーニング

・革の汚れ

黒ずみなどの革の汚れはレザークリーナーを使えば比較的綺麗に落ちることが多くあります。よく知られている方法ですが、使っていない方も多くいらっしゃいます。
是非家庭にひとつはクリーナーを置いて定期的にメンテナンスをしてください。

・エナメルのベタつき

素材特有のべたつきが発生してしまうのがエナメルの特徴ですが、ベタが発生したら早めに対処しましょう。靴やバッグなどのエナメルのベタはエナメル専用クリーナーで綺麗にしてあげることでべたつきを抑えることができます。またルイヴィトンのヴェルニラインのベタも同様に抑えることができますが、劣化が進んでしまった場合はクリーナーではとることができません。早めの対処が不可欠です。

また、エナメルは素材同士がくっつかないように保管しましょう。べたついてしまうと素材はがれの原因になります。

エナメルの汚れ・変色の除去はかなり高度な技術が必要とされますので、希望する場合は業者に相談しましょう。

・頑固な汚れ

革表面についてしまったペン・インク跡や頑固な汚れは消しゴムや劇落ちくんで落ちる場合がありますので、試してみてください。ルイヴィトンのエピラインの表面汚れは劇落ちくんでとることができるのが知られています。

まとめ

あまり知られていませんが、通常のクリーニングと異なり、ブランド品のクリーニングというのは職人たちが日々研究と研鑽を重ね難解な汚れに挑んでいる世界です。

高価な洗剤を使い、素材などに気をつかう分だけどうしても工数・経費がかさみクリーニング代は高くなってしまう傾向があります。あなたが値段に細かい人なら、ブランド品クリーニングはお願いしない方がいいかもしれません。

ただ本当に良いものを大事に長く使いたいというのは日本人が誇るべき美徳です。そして個人でできるクリーニングには限界があります。大切なあの子をもう一度使いたい、お家に持ち帰ったあの日のような元気な姿によみがえらせたい。そんなときは是非職人たちを頼ってみてください。

インターネットの向こう側にお客様からの喜びの声をいきがいにしている職人たちが大勢います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

写真を送るだけ!中古ブランド買取専門業者retroによるブランド品の無料LINE査定実施中

ブランド品を売りたいと思った時、せっかく売るなら高く売りたい、でも何から始めたら良いのか、どこに売れば良いのかが分からない…

そんなことでお困りではありませんか?

ブランド品を売りたいと思ったら、中古ブランド買取専門店retroのLINE無料査定を行いましょう。

事実として、せっかく買取店舗へブランド品を持って行っても、鑑定士の誤った査定を受け、本物でも値段がつかず売れなかった、というケースが半分以上あるからです。

どうせ査定を出すのであれば、プロの鑑定士がしっかりと商品を見定めてくれる店を選びましょう。

ブランド中古買取専門店のretroであれば、
・10年以上、活躍する現役鑑定士が本物かどうかを査定する
・他社で値段がつかなかった商品に値段がつくことがある


と、プロの目であなたの大切なブランド品をしっかりと査定してくれます。
LINE@に登録して、アイテムの全体画像とダメージ画像を送っていただくだけ。

ブランド品を売りたいと思ったらまずは、査定から始めてみましょう。

※現在は真贋鑑定のみの対応は行っておりません

画像送るだけ!ブランド品を無料査定


ブランド品を無料LINE査定してみる

SNSでもご購読できます。