【2019年版】ドライブレコーダーの中古買取価格相場と高額買取のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

走行状況や事故状況を録画できるドライブレコーダー。この2〜3年で急激に需要が高まっており、ドライブレコーダーの出荷台数は2016年の145万6829台から2018年には2倍以上の367万1669台にまで増えています。

録画できる範囲が広くなったり、高画質で録画できるようになったりと、ドライブレコーダーはどんどん進化をしています。最新型のものに買い替えたいと考えている方も、多いのではないでしょうか。

では、不要になったドライブレコーダーはどうすればいいのでしょうか。粗大ゴミに出すのはもったいない!状態やタイプによっては、思いのほか高い金額で買い取ってもらえる可能性もあります。

人気ドライブレコーダーの中古買取価格相場を調べてみましたので、ぜひ、参考にしていただければと思います。

ドライブレコーダーの種類

まずは、所有しているドライブレコーダーの種類を把握しておきましょう。人気のタイプであれば、高額買取が期待できます。

タイプ

一体型


出典:価格.com
カメラやストレージを1つのボディに収めたタイプで、現在の主流です。ケーブルを這わせたり固定する箇所が少なく、自分でも簡単に設置できます。

分離型


出典:価格.com
カメラと本体が分かれているタイプです。一体型に比べてカメラ部分が小さいのが特徴で、どこにでもつけることができます。配線がかなり複雑なので、購入したカー用品店やディーラーなどで取り付け工事が必要です。

ミラー型


出典:価格.com
面倒な配線がなく、ルームミラーに組み込むだけで使えるタイプ。確認用のモニターを鏡面に映し出すタイプのものが多く、見た目もすっきりしています。

録画方法

常時録画

現在は、エンジンを入れると自動的に録画がスタートし、エンジンを切ると録画が止まる常時録画が主流です。8GのmicroSDカードで1時間30分前後の録画が可能で、容量を超えると自動的に上書きされていきます。

センサー録画

ドライブレコーダーに内蔵されているセンサーが、急ブレーキや接触など一定以上の衝撃を検知した場合に、衝撃の前後の映像をmicroSDカードに保存します。

手動録画

常時録画やセンサー録画と併用できる機能で、任意のタイミングで録画ボタンを押すことで、microSDの上書きされない領域に保存できる昨日です。違法行為を目撃したときなどに役に立ちます。

カメラ

前方カメラ

前方のみを撮影するタイプ。1万円台を切るものも多く、取り付けも手軽なのが特徴です。

前後2カメラ

前後(フロントとリア)にカメラを設置するタイプ。後方車両からの危険行為や追突された時の映像も記録できます。価格は2万円台が中心で、一番売れ筋のモデルです。

デュアルカメラ

車外と車内を撮影できるタイプ。現在は、前方の撮影と車内のパターンが多いようです。事故の記録だけでなく、旅行中の車内の会話を残しておいて、後で共有することもできます。

360度カメラ

全天球のレンズがついており、前や後ろはもちろん、横や車内まですべて撮影できるタイプです。価格は3万〜4万円台を超えるものが多く販売されています。

ドライブレコーダーの中古買取価格相場

ドライブレコーダーで人気のメーカー、コムテック、ケンウッド、ユピテルの売れ筋アイテムの中古買取価格相場を、ご紹介いたします。

*相場は、比較的きれいな状態のAランクの買取価格を提示しています

ドライブレコーダーの中古買取価格相場:コムテック

ZDR-015


出典:価格.com

価格.com の売れ筋ランキングNo.1!前後2カメラを搭載したドライブレコーダーです。画像補正機能で、夜間でもナンバーまでくっきり。白飛びや黒つぶれもありません。高いスペックがありながらもお手頃な価格であることが、人気の理由のひとつです。

買取価格相場:8,000円〜10,000円
高額買取店:12,000円
メーカー希望小売価格:32,800円

ZDR-022


出典:アマゾン

前方にカメラがついているタイプ。コンパクトなサイズで、視界の邪魔にならず、車内の美観を損ないません。常時録画のほか、センサー録画、手動録画にも対応しています。

買取価格相場:4,000円〜5,000円
高額買取店:6,000円
メーカー希望小売価格:19,800円

ZDR026


出典:価格.com

370万画素の前後2カメラを搭載した、高性能モデルです。安全運転支援機能をバージョンアップし、新たに「後続車接近お知らせ機能」を追加。アラートを出してくれるだけでなく、録画データとして記録することも可能です。

買取価格相場:10,000円〜13,000円
高額買取店:15,000円
メーカー希望小売価格:42,800円

HDR360G


出典:価格.com

前後左右、360度カメラで全方位を記録できるドライブレコーダー。垂直方向にも240度の視野角があり、多くのドライブレコーダーでは写りにくい信号機もしっかりと記録することができます。

買取価格相場:12,000円〜15,000円
高額買取店:18,000円
メーカー希望小売価格:39,800円

ドライブレコーダーの中古買取価格相場:ケンウッド

DRV-MR740


出典:価格.com

デジタル放送と同じ210万画素のフルハイビジョンを採用したカメラを、前後に取り付けるモデルです。標準機能でついている駐車監視録画では、衝撃や動体を検知した前後5秒間ずつを録画保存。盗難や車上荒らし、当て逃げなど、駐車場での被害に備えることができます。

買取価格相場:10,000円〜12,000円
高額買取店:14,000円
参考価格:22,228円〜37,800円

DRV-340


出典:価格.com

前方にカメラを搭載したコンパクトなモデルで、初めてドライブレコーダーを使う方におすすめの、スタンダードなタイプです。常時録画とセンサー録画に対応しており、車を停めて電源がオフになってからも最大約25分間の記録ができる機能があります。

買取価格相場:3,000円〜4,000円
高額買取店:5,000円
参考価格:11,495円〜20,000円

DRV-830


出典:価格.com

2018年に価格.comの「プロダクトアワード」大賞、金賞を受賞した前方カメラ搭載のモデルです。370万画素、3.0V型液晶モニターを採用しているため、綺麗な画像を大画面で見ることができます。

買取価格相場:5,000円〜6,000円
高額買取店:7,000円
参考価格:15,200円〜38,632円

DRV-N530


出典:価格.com

カーナビ「彩速ナビ」と連携させて使用するモデルで、ドライブレコーダーの操作を7.0型ワイドモニターですることができます。前後2カメラを搭載、常時録画、センサー録画、手動録画、駐車録画と、さまざまな録画機能を備えています。

買取価格相場:5,000円〜6,000円
高額買取店:7,000円
参考価格:14,500円〜21,600円

ドライブレコーダーの中古買取価格相場:ユピテル

DRY-TW7500d


出典:ユピテル公式サイト

前後2カメラを搭載したモデル。フロント部分のカメラが上下に可動することで、視野角が広くなります。常時録画、センサー録画、手動録画のほか、駐車監視モードにも対応しています。

買取価格相場:6,000円〜8,000円
高額買取店:10,000円
参考価格:19,980円

DRY-TW9100d


出典:ユピテル公式サイト

前方151度、後方157度の広角記録で撮り逃しを防ぎます。また、無線LANを内蔵しており、無料の専用アプリを使って記録した映像を確認するほか、リモート操作で動画や静止画を撮影することもできます。

買取価格相場:13,000円〜15,000円
高額買取店:17,000円
参考価格:28,377円〜33,249円

marumie Q-01


出典:アマゾン

業界初!水平360度、垂直360度、前後・左右・上下の全方位を1台で記録可能な全天球ドライブレコーダーです。交通事故に多い、側面や後方からの衝突を確実に記録できます。

買取価格相場:15,000円〜18,000円
高額買取店:20,000円
参考価格:42,718円〜54,436円

ドライブレコーダーの高額買取店3選

新しいドライブレコーダーに買い替えようかな?もっと性能の良いものに買い替えようかな?

と、お考えの場合はおすすめの買取店をご紹介いたします。買取方法やアクセスのしやすさ、ネットからの申し込みで完結する方法など各店特色がありますので見比べてみてください。

retro.jp

ドライブレコーダーのニーズの高まりに伴い、コムテック、ケンウッド、ユピテルなど人気メーカーでは、毎シーズン新製品が投入されており、新たに参入するメーカーも増えてきています。

ブランド品の買取から始め、現在ではドライブレコーダーをはじめ、カメラ、ドローン、楽器、模型など長年培ったリユース業の経験をいかしあらゆるジャンルの買取に精通しています。

特にドライブレコーダ鬼ついては近年注目されてきており、目まぐるしく変化していく状況の中で正しく査定をするには、次々と開発される最新技術の知識に加え、中古市場でのトレンドや状態の良し悪しを判断できる鑑識眼が必要になってきます。

その点、retroなら、鑑定歴10年以上の鑑定士が査定を行ってくれるため、安心して任せることができます。

実はもうひとつ、retroをおすすめする理由があります。それが、委託販売を行なっていることです。委託販売とは、お客様から商品を預かってretroが代理で販売してくれる方法のことで、売れた金額の最大90%が買取額として返金されます。

売れるかどうかわからない商品を査定・買取をする一般的な買取に比べ、確実に売れた商品の販売代金から返金してくれるため、買取金額が高くなる傾向にあります。

ドライブレコーダーをはじめとするデジタル家電は、買取額が低くなってしまう傾向にありますが、retroの委託販売では他店より数千円高く買い取ってもらえるようです。

1円でも高く売りたい、という方は、ぜひ一度、retroのLINE無料査定を試してみてはいかがでしょうか。

「retro」でドライブレコーダーのLINE無料査定をしてみる

「retro」でドライブレコーダーの買取を依頼する

アップガレージ


出典:アップガレージ

カー用品とバイク用品を専門に買取・販売しているチェーン店で、全国170店舗以上展開しています。

車が好き&車に詳しいスタッフが多いため、車好きの人には特におすすめ。店頭で金額交渉をしながら質問をしたり、専門店ならではの知識を聞くこともできます。

「アップガレージ」でドライブレコーダーの買取を依頼する

バイキング


出典:バイキング

宅配買取専門店で、ブランド品はもちろん、本、DVD、ゲーム、コスメ、釣り具など、ほぼすべてのジャンルの商品を買い取ってもらえます。

初回限定やまとめ売りのボーナスなどをしていたり、さまざまなキャンペーンをやっているので、タイミングを考えて売りに出すのがおすすめです。

「バイキング」でドライブレコーダーの買取を依頼する


ブランド買取業者に迷ったら
買取業者の比較記事がありますので、こちらの記事もあわせてご覧ください。
【2019年】ブランド買取業者を比較して分かった高く売れる10社

高額買取されやすいドライブレコーダー

高く買い取ってもらえるドライブレコーダーには、「人気モデルである」「最新モデルである」という2つの特徴があります。

人気かつ、最新のモデルのドライブレコーダーとはどんなものなのか、具体的な機能をご紹介いたします。

200万画素以上


出典:パイオニア公式サイト

画素数が多いほどきれいに見えると言われています。数年前までのドライブレコーダーは、この画素数が30万でしたが、今では200万画素が主流。200万画素以上だとフルハイビジョン録画ができ、ナンバープレートもはっきりと映ります。

なお最近、発売されている新製品は370万画素のモデルが増えてきています。画素数が多ければ多いほどいい、というわけではありませんが、より鮮明に、きれいに映るほうが人気があるため、高く買い取ってもらえる傾向にあります。

水平画角108度以上


出典:TOUGE-KING

ドライブレコーダーのスペックに書かれている「画角」とは、カメラが撮影できる範囲を示した角度のこと。画角が広いほど、撮影範囲が広くなります。

画角には、対角・水平・垂直の3種類があり、この中でも特に重要なのが水平画角です。水平方向、つまり左右の角度が広ければ、真正面だけでなく、斜めや横から衝突してきた車もきちんと撮影することができます。

選ぶ基準は、水平画角108度以上。より安全を期すなら120度が望ましいと言われています。この基準をクリアしたドライブレコーダーが中古市場でも人気を集めており、高額での買取が期待できます。

なお、現在は前後2カメラが主流ですが、これだと当然、死角になってしまう部分も出てきます。そこで最近では、360度撮影できるカメラも登場してきています。

もし今、前後2タイプを持っていて、買い替えを考えているのであれば、360度のカメラがついたドライブレコーダーが主流になる前に、売りに出すようにしましょう。

ドライブレコーダーに限ったことではないですが、最新機種でないものは買取額が下がってしまう傾向にあります。

駐車監視機能付き


出典:スマイティ

エンジンを切った状態でも録画してくれる「駐車監視機能」がついたドライブレコーダーが、最近増えてきています。

車から離れていたり、夜間に駐車しているときの当て逃げや車上荒らしなどを記録できるため、防犯の観点からも人気が高まっています。

衝撃を感知して録画するタイプ、常時録画+衝撃を感知した前後の動画を保存するタイプ、動体を検知して録画するタイプの3種類があります。

長時間録画できるタイプは、別売りのドライブレコーダー用車載電源ケーブルを使用することが多いので、査定や買取に出す際には、ドライブレコーダーとケーブルをセットで出すようにしてください。

ドライブレコーダーの取り外し方


出典:CAR DIY MAGAZINE

高性能なドライブレコーダーであっても、取り外すときに壊してしまっては、元も子もありません。

作動しないドライブレコーダーはジャンク品として買い取ってくれないお店もありますし、傷がついたりすれば大幅に買取額は下がってしまいます。

そこで最後に、ドライブレコーダーをきれいに取り外す方法をご紹介いたします。

*ガラス面に取り付けた場合の取り外し方となります。内装部分に貼った場合には、内装を汚したり傷つけたりする場合があるので、カー用品店や車を購入したメーカーにお問い合わせください。

■準備するもの

  • プラスチックのヘラまたはスクレイパー
  • プラスチックまたは木製の細い棒(先端が尖っているもの)
  • テープ剥がし剤
  • ティッシュペーパー

■ドライブレコーダーを剥がす手順

  1. ドライブレコーダーの電源を抜きます
  2. プラスチックのヘラを、ガラス面と接着面の間に入れます
  3. 「2」で剥がれない場合:細い棒にテープ剥がし剤をつけて、テープを剥がしたいところに染み込ませます。
    (テープ剥がし剤は小さな容器に入れておくと、棒に塗布しやすいです)
  4. 「3」の作業を何度か繰り返します。液ダレをしてしまった場合には、すぐにティッシュペーパーで拭き取ります
  5. 10分ほどしてテープ剥がし剤が染み渡ると、ドライブレコーダーがぐらぐらとしてきます
  6. 最後に、ヘラまたは手で取り外します

ドライブレコーダー買取のまとめ

需要が増えているドライブレコーダーは、中古市場でも取引数が増えており、買い取ってもらいやすいアイテムです。

一方で、次々と最新技術が導入され、新しい商品が発売されているため、自分が持っているドライブレコーダーが「古いモデル」になってしまうサイクルが早いというデメリットもあります。

前述した通り、古いモデルは買取額が下がってしまう傾向にありますので、買い替えを検討し始めた段階で、今の商品を査定に出しておくといいでしょう。

LINEやメールでの無料査定であれば、車に取り付けた状態の写真を送れば査定をしてくれますので、ぜひ、試してみてください。スピーディーに行動することが、ドライブレコーダーを高く買い取ってもらう一番のコツです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINEで写真を送るだけ!中古買取専門業者retroによるドライブレコーダーの無料査定実施中

お持ちのドライブレコーダーで最近あまり使っていないアイテムありませんか?

古くなっていたり、使用感があっても期待以上の価格がつく場合があります!

ドライブレコーダーを売りたいと思ったら、中古ブランド買取専門店retroのLINE無料査定を行いましょう。
方法はいたって簡単!LINEから写真を送るだけです。

事前に大体の金額を知ることができれば何度も店舗へ足を運ぶこともなく手間と時間の節約になりますし、品数が多い場合は持って行くのも大変です。

どうせ査定を出すのであれば、プロの鑑定士がしっかりと商品を見定めてくれる店を選びましょう。

事実として、せっかく買取店舗へブランド品を持って行っても、鑑定士の誤った査定を受け、本物でも値段がつかず売れなかった、というケースが半分以上あるからです。

中古買取専門店のretroであれば、
・10年以上、活躍する現役鑑定士が本物かどうかを査定する
・他社で値段がつかなかった商品に値段がつくことがある


と、プロの目であなたの大切な価値のあるドライブレコーダーをしっかりと査定してくれます。
LINE@に登録して、アイテムの全体画像とダメージ画像を送っていただくだけ。

ドライブレコーダーを売りたいと思ったらまずは、査定から始めてみましょう。

※現在は真贋鑑定のみの対応は行っておりません

ドライブレコーダーを無料LINE査定


ドライブレコーダーを無料LINE査定してみる

SNSでもご購読できます。