最終更新日:

電動キックボードは今すぐ買取店に売った方がお得! その理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
読了時間: 2
出典:プロダクトハンターあかねのノート

シリコンバレーでは電動キックボードのレンタルがブームです。
日本でも使えるようになればすごく便利になると思うのですが、現状では一部の機種を除いて公道で走れないですし、新商品の価格がどんどん下がっているので、一度体験した後は、なるべく早く売るのが王道です。
どこにどうやって売るのが良いのか、相場も含めて、まとめました。

電動キックボードの有名機種

電動キックボードにも色々な種類があるので、まずは有名機種についてまとめました。

公道でも走れる電動キックボード。長く使いたいなら今はこれ一択

Airwheel Z5  販売価格115,000円(税込)

公道でも走れる電動キックボードです。
役所に行ってナンバーを自分で取得し、コンビニなどで自賠責保険に加入すると、公道で走ることが出来ます。2017年9月に発売開始されました。

Airwheel Z5を売る場合、原付と同じ扱いなので、廃車手続きが必要です。
これをしない場合、いつまでたっても税期を払い続けないといけない可能性があります。
必要なものは、ナンバープレート、標識交付証明書、廃車申告書、印鑑です。

Airwheel Z5中古で購入する場合、公道を走りたければナンバーの登録申請と自賠責保険への加入が必要となります。
廃車手続きもナンバー取得手続きも、すぐ終わるのでそんなに面倒な作業ではありません。

一度使ってみたいという人はこれ、値段が安く、性能もそこそこ

キントーン(Kintone)α 販売価格39,800円(税込)

キントーンはバランススクーターや電気自転車もネット販売しています。
ヨドバシカメラやビックカメラにも卸していますので、知っている人も多いでしょう。

電動キックボードでは、他にKintone motion Forceという99,800円のタイプもあります。

中国のシャオミ-(Xiaomi)が作った世界基準のキックボード

Xiaomi M365 販売価格35,788円(税込)

中国のスマホメーカーXiaomiが開発した電動キックボードです。
実は世界では電動キックボードの開発が過熱しています。
というのも、環境に優しい移動手段なので、レンタルキックボードのビジネスが非常に注目されているのです。
Xiaomiは中国ではAppleと並んで有名なメーカーで、そのXiaomiが作った電動キックボードなので、性能が高く、価格が安い商品となります。

https://daiking.me/gadget/xiaomi_m365/
https://www.gearbest.com/skateboard/pp_596618.html?wid=72&lkid=11367938

普通のキックボードならJD Razor一択なのだが・・・

JD Razor CITY BUG 2 販売価格127,440円(税込)

JD Razorはキックボードメーカーとしては一番有名なメーカーです。
CITY BUG 2は、そのJD Razorが販売している電動キックボードです。

JD BUG ES-312という新しいモデルもあります。こちらは販売価格80,784円(税込)となります。
http://www.razor.co.jp/shop/products/index/category:85

電動キックボードの専門メーカー、DMMでレンタルも可能

Jzoom e-Twow Booster Plus 販売価格138,240円(税込)

電動キックボード専門の会社です。
DMMと提携してレンタルも行っているようなので、買わずにレンタルで体験できれば充分という方は、参考にしてみてください。
レンタル料金は、2018年9月時点では、3日間で4,500円となっています。

電動キックボードの買取相場

キントーンα 販売価格29,800円が、メルカリで25,000円~30,000円でsold outになっています。
キントーンαは、公式サイトに在庫が無い場合が多く、すぐに欲しい人は中古を定価で買う人もいますし、キントーンαはせどり業者が定価以上で売っている場合もあります。
ですから、他のキックボードと比べて中古相場も高くなっていて、例外と考えて下さい。

通常、電動キックボードは、中古の程度にも寄りますが、定価10万円の物は中古で7~8万円での販売金額となりますので、買取業者に売る場合、3~4万円程度の買取金額となるでしょう。

電動キックボードはどこに売るのが良いのか

メルカリやヤフオクなどで自分で売る場合、一番高く売れます。
しかし、電動キックボードは意外と大きく、重いので、梱包が想像以上に大変です
また、自分で売る場合、購入者とやりとりをしなければならないので、面倒で時間がかかってしまいます
公道で走れる電動キックボードの場合、廃車手続きも自分でしなければなりません。

買取店で売る場合、手間がかかりません。送り方も指定してもらえますし、集荷もお願いしてしまえば楽です。
公道で走れる電動キックボードの場合も、廃車手続きもやってもらえます。
デメリットは、買取金額が自分で売る場合に比べて安くなってしまうことです。

電動キックボードの高価買取店リスト

高く売れるドットコム

電話一本で全国ほとんどの場所に引き取りに来てくれます。
手間をとにかく掛けたくないという人はここが良いでしょう。

バイク王

バイクの買取で有名な会社です。
電動キックボードも取り扱っていますが、引き取りに費用を要求される場合があるので注意してください。

株式会社retro

ブランド品の委託販売がメインの渋谷の会社なのですが、顧客に富裕層が多いため、新しいガジェット系はすぐに売れるそうです。
電動キックボードは「1回乗ってみたいけれど公道で走れないから、中古で買ってすぐに売ろう」という人が多いとのことです。

JACKHOP

パソコン買取やカーナビ買取がメインですが、電動キックボードの買取も行っている大阪の会社です。
電動キックボードの買取は、あまり利益に結びつかないことが多いので、力を入れているところは少なく、貴重です。

KAITOLY

3Dプリンタやドローンなど、ガジェット系の買取をメインで行っている横浜の会社です。
電動キックボードの買取は、あまり利益に結びつかないことが多いので、力を入れているところは少なく、貴重です。

電動キックボードの法律について

電動キックボードは、基本的には日本の法律では公道を走ることが出来ません。
神奈川県警のページがわかりやすいのでリンクを貼っておきます。

方向指示器などをつけてナンバーを取得して、自賠責保険に加入すれば公道も走れますが、今のところ対応している機種はほとんどありません。

もし万が一電動キックボードで人に怪我をさせてしまった場合、保険が全く使えませんので、莫大な金額を補償しなければならない可能性があります。
リスクが大きすぎるので、電動キックボードを公道で使うことは絶対にやめましょう。
怖いから売ってしまいたいという方は、買取店に連絡すればすぐに引き取ってくれます。

まとめ

電動キックボードは、なるべく早く買取店に売る方が良いでしょう。
ほとんどの場合公道は走れないので、長い距離を走れる高額な物を持っていても、これから価値が上がることはありません。
低価格で充分楽しめる機種が発売されていますので、価格の下落が激しい商品と言えます。
ただ、一度体験してみたいという人は一定数いるので、そんな人のために、早く売ってあげて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。