バイヤー直伝真贋術!偽物の多いグッチの真偽を見分ける方法

GUCCI26516
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんはブランド品の偽物を見たことありますか??

筆者は友人が持っていたり、街ですれ違ったときに目にすることがあります。
コピー品を販売している会社や、コピー品と知って買取やオークションに出すことも犯罪です。
しかし、世の中には沢山の偽物が流通していて、人気の商品が出るとコピー商品が出回るという、イタチごっこが続いています。

消費者の皆さんも「本物だと思って購入したブランド品が偽物かも」と思うと、怖いですよね!?

これから真贋方法を紹介するので、自分の持っているGUCCIが本物かどうか心配な方は比較してみてください。
本物と変わらないくらいの完成度の高い偽物も存在しますが、この方法で偽物と見抜けるものもあります!!

1、バイヤー直伝!!偽物を見分けるポイント

1-1、真贋するで1番よく見る場所が革の刻印です。

革タグ刻印1


グッチの革タグのフォントには特徴があります。
現行品も過去の商品も変わらないのはGUCCIの「U」部分に注目した見分け方です。
革タグ刻印1の「U」を見て右と左で違いがあります。
次の画像で左右に違いがあるので見比べてください。


よく見ると本物の「U」は右側が細くなっています、次に偽物の「U」を見ると左右の太さが同じになっています。
小さな違いですが本物とは異なる部分が確認できます。
次に型番が刻印されている数字に注目してください。

革タグ刻印2


この画像の黄色い線はバックの型番を表している刻印になります。


上の数字6桁を数字をインターネットで検索すると商品と同じ形のバッグが検索結果に出てきます。

この時に検索に同じバックがでない場合は商品が少し怪しい可能性があります。
ただし海外限定の商品はでない可能性もあります。

一番お覚えやすいのが数字の『2』です。
左の本物の2は丸みがあり右の偽物の2丸がなく細い字体になってます。
数字の2は特徴がありますし、本物の刻印には良く使われているので、見比べて覚えておきましょう。

革タグ刻印3


同じような数字は「5」と「3」です。
3は丸く始まり丸く終わります、5は最後が丸くなります。
右の画像は左と比べると数字の書体が違うので見分けるのが簡単な偽物です。


80年代より古いグッチは数字の特徴が違うのでフォントでの判断はできなくなります。

2-1、グッチの縫製


本物のGGキャンバスは縦糸が6本になっています。
本物は茶色の縦糸が6本ありますが、偽物は青色の縦糸5本です。

これは肉眼で確認が難しいです、ルーペや虫眼鏡でいいので本物を参考に見てみましょう。

2-2、GGキャンバスウエストポーチ


筆者が見たGGキャンバスのグッチのウエストポーチは3つ見たら1つは偽物でした。
このデザインによっては多く流通しているようです。

2-3、「塩化ビニール素材」


「塩化ビニール素材」は、材料費が安いので、コピー品生産者も生産しやすいラインとなります。
筆者も、このラインの偽物は、多く見る機会がありました。

2、購入前のチェックポイント

3-1、コントロールカード

必ずしもついてくるわけではありませんがグッチを購入すると1から順に数字が書いてある細いカードが一緒についてきます。
例えば上記の写真の数字のゼロには切れ目が入っています。
切れ目が有る方が本物です。
偽物の商品に、本物のカードが付属されてしまうと意味はありませんが、ないよりはあったほうが安心出来る要素となります。

3-2、保存袋


バックなど購入した方にはついている保存袋です。
本物は、内側の布部分の縫いが二重縫いになっているのですが、偽物は返し縫がありません。

3-3、AACDやATFとは

ブランドバックに限らず時計や宝石の偽物の流通を防止しているグループで、各団体で真贋情報など共有して、偽物の買い取り販売を防止しています。

どちらも同じ意味合いの組合ですが、AACDはリサイクルショップなどが多く、加盟店の商品の真贋をしてくれます。
加盟店のバイヤーや鑑定士が、商品の真贋に自信の無い場合に、商品をAACDに送ると、基準に沿った判断の回答がもらえます。

ATFは質屋さんが加入することの多いグループです。
怪しい商品の持ち込みなどがあった場合は近辺のATFのグループに連絡して、偽物や盗品の売買が行われないように情報共有しています。


出典:ATF

 


出典:AACD

4、安心して購入できるオススメ3店舗

4-1、コメ兵・オンラインショップ 36店舗(買取店舗を含む)



出典:Komehyo

何と言っても全国的にも店舗が多く、名古屋方面の電車に乗るとアナウンスまで流れています。
銀座や新宿にも広い店舗がありますが、名古屋行ったら筆者は必ず寄ります!!
彦摩呂さん風に言うと『中古の百貨店や~』っという感じです。
(aacd加盟店)

4-2、ブランドオフ 54店舗(FCと海外店舗を含む2016年12現在)


出典:Brand off

中古のブランド品と言えばブランドオフです!!
海外には16店舗もあり国外まで販売しているので品揃えも豊富です。
(aacd加盟店)

4-3、ロデオドライブ 6店舗(海外を含む)

出典:rodeodrive

ロデオドライブは時計とブランドバックの品揃えが豊富です。
質預かりもしているのでお金に困ったときに物を売らないでも大丈夫です。
(ATF加盟店)

まだまだ紹介していない販売サイトや店舗もありますが今回は筆者独自でチョイスしました。
上記のオススメ3店舗なら偽物の心配なく購入できます。
コピー品を撲滅する組合に入ってる会社は、偽物を「買い取らない」「販売しない」意識がありますので、信頼できますね。

5、まとめ

偽物は高い商品や安い商品に限らず存在しています。
例えばコーチなど他のブランドと比べると比較的お手軽価格なのですが、稀に偽物を見ることがあります
年々完成度が高い偽物を見るとヒヤっとすることがありますが、偽物はコストかけず安く作るのでどこか変です。

買取に慣れて、しっかり見ない時に限って商品が偽物だったなんてこと店舗ではよくあることです。
プロでも偽物を誤って買い取ることもあります。
偽物の判断は場所を見るだけはなく、直感や普段との異変を感じることだと思います。

筆者としては偽物を購入してしまったら絶対に売りに行かず廃棄してもらえたらと思います。
本物だと思って購入して偽物だったら悲しいですからね。

見極めるのは難しいかもしれませんが、そんな人を増やさないようこちらの記事が参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1枚の写真を送るだけ!ブランド中古専門店による無料査定実施中

ブランド品を売りたいと思った時、せっかく売るなら高く売りたい、でも何から始めたら良いのか、どこに売れば良いのかが分からない…

そんなことでお困りではありませんか?

ブランド品を売りたいと思ったら、まずはブランド中古専門店へネットやLINEでの無料査定を行いましょう。

事実として、せっかく買取店舗へブランド品を持って行っても、鑑定士の誤った査定を受け、本物でも値段がつかず売れなかった、というケースが半分以上あるからです。

どうせ査定を出すのであれば、プロの鑑定士がしっかりと商品を見定めてくれる店を選びましょう。

ブランド中古買取専門店のretroであれば、
・10年以上、活躍する現役鑑定士が本物かどうかを査定する
・他社で値段がつかなかった商品に値段がつくことがある


と、プロの目であなたの大切なブランド品をしっかりと査定してくれます。LINE@に登録して、1枚写真を送っていただくだけ。

ブランドを売りたいと思ったらまずは、査定から始めてみましょう。

無料で査定を受ける

SNSでもご購読できます。