最終更新日:

クリスチャンルブタンの偽物と本物の違い!プロが教える見分け方の真贋ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

多くの女性が憧れるシューズブランド、クリスチャンルブタン。

ルブタンはハイブランドだけあって1足の定価は10万を超えるものもありは超え、なかなか欲しくても手が出ない人が多いと思います。

ただ、インターネットで検索してみると新品のルブタンが1万で売っていたりします。これは本物なのでしょうか?ルブタンは人気ブランドなので偽物が数多く出回っているのも事実です。

そこで今回はルブタンの偽物を買わない為に偽物と本物を見分ける真贋ポイントをご紹介いたします。

ルブタンの偽物を見分ける真贋ポイント

ルブタンの偽物を見分ける代表的なポイントをご紹介します。

実際にどのようなところに違いがあるのか見ていきましょう。

ルブタン真贋ポイント1:ソール

img_9851
本物は左で偽物は右ですので見比べてみてください。、

ソール部分を見るとやはり偽物と本物では違いが見受けられます。

本物のソールはツヤがありツルツルとていますが、偽物は本物に比べマットになりざらざらとしています。

img_9849
フチ部分の処理が全くされていません。本物はフチまで丁寧に処理されています。

まずはソールを見て細部の作りの違いを確認しましょう。

ルブタン真贋ポイント2:ブランド刻印

アウトソールにブランドの刻印がありますが、よく見てみると刻印が浅く彫ってあり、雑です。

img_9836

そして細部の作りを見るとよりわかると思います。

ルブタン真贋ポイント2:ヒール

img_9838

ヒール部分も処理が甘く、雑になっています。

ルブタン真贋ポイント3:ブラド刻印

偽物
ルブタン本物のソール
本物
ルブタン偽物のソール

アウトソールのロゴをアップで見比べると字体だけでなく、彫りの深さに明らかな違いが見受けられますね。

年代によっては若干の差はあるのですが、彫りが浅すぎると偽物の可能性が高いです。

また、気になっている方も多いとも思われる、下の画像のような made in spain となっているもの。
みなさんは本物か偽物どちらだと思いますか?

ルブタン本物のソール

Made in italy のルブタンがメジャーなので、偽物なのではないかと疑われる方が多いのですが、正解は本物です。

エスパドリーユウェッジソールなど地中海地方を起源とする製法のものは、スペインの工房が生産性・クオリティ面で秀でているため、ルブタンのアイテムでも上記のようなデザインのものはスペインで作られています。

また偽物業者は定番のデザインや製法に絞って生産したほうが効率的なので、わざわざmade in spainの定番から外れたアイテムを作ることは稀です。よってmade in spainの偽物が出回ることは少ない印象です。

ルブタン真贋ポイント4:インソール

着用しているうちに摩耗して薄れてしまうインソール部分のロゴですが、こちらも見極めるポイントになります。

偽物
ルブタン本物のインソール
本物
ルブタン偽物のインソール

上の画像が本物です。違いはわかりますか?

上の本物に比べ、下の偽物は文字の細部が違う形になっています。

活字体のchristianの、nの部分や筆記体のlouboutinの、tの部分などに注目すると、明らかな違いに気が付くことができますね。

今回はロゴの字体に焦点を当てましたが、こちらは年代などによって若干違うので、プリントの精度や質感も重要な判断基準となります。

ルブタン真贋ポイント4:ブランド刻印(財布)

ルブタンと言えばレッドソールのパンプス!というイメージがありますが、バッグや財布といった革製品も人気商品のひとつです。

こちらにも偽物が存在しますので、ポイントを細かく比較していきましょう。

偽物
ルブタン偽物のロゴ
本物
ルブタン本物のロゴ

ルブタンの本物偽物を見分ける一番のポイントはロゴです!

有名ブランドの多くはロゴにブロック体を採用してますが、ルブタンのロゴは筆記体です。

筆記体はブロック体に比べ形が複雑なので、字のバランスに違和感が出やすく、偽物にはなかなか真似ができなくなっています。

上の画像のように Louboutin ロゴの “O” 部分内側が潰れてしまっていることが、偽物にはよくあります。

ルブタン真贋ポイント5:スタッズ

偽物
ルブタン偽物のスタッズ
本物
ルブタン本物のスタッズ

ここで注目をしてもらいたいのが、スタッズの付け根部分です。

本物はきれいに処理がされているのに対し、偽物はスタッズ付け根に断面が見えます。

細部まで美しく仕上げるのが、偽物には真似できない、本物のクオリティです。また偽物のスタッズは尖っていて触ると痛いです。

ルブタン真贋ポイント6:縫製(ステッチ)

偽物
ルブタン偽物の縫製
本物
ルブタン本物の縫製

ルブタンはもちろんのこと、高級ブランドが手掛ける革製品の多くには、斜め縫いが施されています。

画像の本物は右上から左下へ美しく整った縫製ですが、偽物は並行に縫われていて、所々にガタつきもあります。

ルブタンの革製品は、高い技術を持ったプロが手作業で縫っていますので、汚くガタつくことはありません。

ルブタン真贋ポイント7:ファスナープル

偽物
ルブタン偽物ファスナープル
本物
ルブタン本物ファスナープル

ファスナープルなどの金具は、本物偽物を見分けるのにとても重要なポイントのひとつです。

偽物には金具のぎらつきがあったり、違うメーカーが使われていたりすることが多くあります。

画像の偽物にぎらつきはありませんが、ファスナープルの淵に赤色のものが付着しています。

ファスナープルの内側の塗料がはみ出したのだと思われます。

ルブタン真贋ポイント7:箱

シューズに付属している箱にも本物と偽物の違いが見受けられます。

偽物
img_9829

本物でも色々な箱があり、見極めるポイントにはなりませんが、こちらはロゴの字体では残念ながら本物か偽物かはわかりません。

また、写真ではわかりませんが材質が本物と偽物では違いがあります。本物は固めの素材ですが、偽物は段ボールのような素材で出来ています。

ルブタン真贋ポイント7:保存袋

靴を保存する袋は見ただけでも違いがわかります。

保存袋にも色々な種類がありますが、今回は赤の保存袋を比べてみます。

img_9833

本物は深い赤に対して偽物は明るい赤になります。また素材も本物は柔らかくしっとりしていますが、偽物は固くメッシュのような素材です。

拡大すると

img_9834

このような素材になります。

ロゴの字体は箱同様、年代などによって若干違うのでロゴの字体だけで判断は難しいと思います。

付属品の見るべきポイントは素材です。偽物はコストを抑えたいため、安い素材を使う傾向にあります。

ルブタンの偽物に関するよくある質問

購入したルブタンが偽物だった…なんてこともあるかもしれません。

こちらでグッチの偽物についてよくある質問をまとめました。

ルブタンが偽物かどうか見て欲しい

買取店で偽物かどうか判定してほしいと持って行っても、対応してくれないかもしれません。

買取店はあくまでも売りたいお客様に対してのサービスなので真贋判定だけを依頼すると難しいお店が多いでしょう。

実際に買取に出す形で依頼すれば査定をしてくれます。そこで価格がつかないようだと偽物の可能性が高くなりますが店舗ごとに基準が違うので複数店舗で見てもらうのが良いでしょう。

定価から比べるとかなり安いルブタンを購入したのですが偽物でしょうか?

ブランド品は広告やブランディング、素材、縫製など様々な費用がかかり展開されています。

例えば、通常20-30万円のバッグが新品で数万円で売られていることは考えられません。

ルブタンを買取依頼する際に必要なものを教えてください

偽物かどうかわからない、買取査定をしてほしいというときは必要な書類があるので事前に用意をしておきましょう。

東京都の古物営業法で、買取業者が買取をする際には相手の身分証を確認するのが決まりとなっています。

買取店で買取をしてもらう時は身分証明書の提示を求められるので、以下のような身分証を必ず用意しておきましょう。

・運転経歴証明書
・パスポート
・住民基本台帳カード
・健康保険証
・在留カード
・特別永住者証明書
・個人番号カード

宅配買取の場合も同様で、身分を証明する書類のコピーをご同梱するよう求められます。

まとめ

本物と偽物を見比べるとたくさんの違いがあることがわかります。

実はよく見ないとわからないような場所が偽物業者が手を抜くポイントです。この記事を参考に偽物を購入しないように気を付けましょう。

もしインターネットで異常に安く新品のルブタンが売っていても購入しないようにしてください。本物にしか表現できない技術があるので、大幅な値引きをして販売するということはないと考えて良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

写真を送るだけ!中古ブランド買取専門業者retroによる無料査定実施中

ブランド品を売りたいと思った時、せっかく売るなら高く売りたい、でも何から始めたら良いのか、どこに売れば良いのかが分からない…

そんなことでお困りではありませんか?

ブランド品を売りたいと思ったら、中古ブランド買取専門店retroのLINE無料査定を行いましょう。

事実として、せっかく買取店舗へブランド品を持って行っても、鑑定士の誤った査定を受け、本物でも値段がつかず売れなかった、というケースが半分以上あるからです。

どうせ査定を出すのであれば、プロの鑑定士がしっかりと商品を見定めてくれる店を選びましょう。

ブランド中古買取専門店のretroであれば、
・10年以上、活躍する現役鑑定士が本物かどうかを査定する
・他社で値段がつかなかった商品に値段がつくことがある


と、プロの目であなたの大切なブランド品をしっかりと査定してくれます。
LINE@に登録して、アイテムの全体画像とダメージ画像を送っていただくだけ。

ブランドを売りたいと思ったらまずは、査定から始めてみましょう。

※現在は真贋鑑定のみの対応は行っておりません

ブランド品の無料LINE査定


お持ちのブランド品を無料LINE査定してみる

SNSでもご購読できます。