三味線の買取価格はいくら?おすすめの買取店【3選】と高額査定のコツをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

使わなくなった三味線があっても、なかなか高額で買取してくれるところが少ないため、「手放すかどうか判断できない」という人は多いもの。

もちろん、近所の中古品買取店で手間をかけずに買取してもらうことも可能ですが、購入した時の価格と比較してあまりにも査定額が低く、驚いてしまう可能性が高いでしょう。

あなたが今まで大切に使ってきた三味線を高額買取してもらうためには、三味線の買取についての知識を幅広く身につけておくことが重要です。

そこで今回は、高額買取してもらえる三味線の条件や、三味線の高額買取に対応している買取店、三味線を高く売るためのコツについて、詳しく説明します。

高額買取が期待できる三味線の5つの条件

高額で買取される三味線には、5つのポイントがあります。素材や三味線の状態によって、買取価格が異なってきますので、確認をするようにしましょう。

①高値で取引される棹の素材

1つ目の条件は、高値で取引される棹の素材で作られた三味線です。

三味線に使われている棹の素材には、紅木材や紫檀、花梨材や樫、桑など、さまざまなものがあります。

中でも「紅木材」は特に高額で取引されている棹の素材となっており、希少性も高いため高額査定につながりやすい三味線です。

高級三味線の部類に入る三味線は、良い棹の素材が採用されているケースが多いので、「どの素材で作られているのか分からない」という人は、一度鑑定書などを確認してみると良いでしょう。

②新品に近い

2つ目の条件は、新品に近い三味線であることです。

たとえ希少性の高い素材で作られた三味線でなくても、購入後あまり期間が経過しておらず、使用頻度も少ないような三味線であれば、購入した時の価格に近い値段で買取してもらいやすいくなります。

もちろん、新品同様にキズや汚れがないほど高額査定に結びつきやすいので、実際に査定してもらうまで丁寧に保管しておくことがポイントです。

状態を見ただけでは購入後間もないということが証明できないため、可能であれば購入日時が証明できるレシートなどと一緒に査定に出すことで、より魅力的な査定額が期待できますよ!

③良い音が出る

3つ目の条件は、良い音が出る三味線であること。

たとえ希少性が高い素材で作られた三味線でなかったとしても、ただ大きな音が出るだけでなく、雑音がない芯のある音を出せる三味線や、音の立ち上がりやビブラートのかけやすさといった点が評価されれば、高額査定につながる可能性があります。

もちろん良い素材であるに越したことはありませんが、演奏する人にとっては良い音が出る三味線を使用したいもの。

どれだけ良い素材で作られた三味線でも、納得できる音がでなければ再販するのは難しいので、良い査定額を出してもらえないでしょう。

素材だけでなく、三味線の音までしっかり聴いてから査定額を出してほしいのであれば、三味線の買取に精通した買取業者を選ぶことが大切です。

④綾杉彫のもの

4つ目の条件は、綾杉彫の三味線です。

三味線の胴の内側を見てみると、ノコギリの歯のような形をしたな縞模様が施されているものがあります。

これは「綾杉彫」と呼ばれ、綾杉彫があるかどうかも、魅力的な買取額を提示してもらえるかどうかに大きく関わります。

中でも胴の内側の溝が二重になっている「子持ち綾杉彫」は、高級三味線に分類されるのが特徴。

より魅力的な買取価格をつけてもらいやすいので、査定前に一度チェックしておくと良いでしょう。

反対に、胴の内側に彫り細工が施されていない「丸胴」は、稽古用の三味線に分類されます。

あまり魅力的な買取価格は期待できませんが、津軽三味線であれば高額買取してもらえる可能性があるので、あきらめずに買取業者に相談してみるのがおすすめです。

⑤金ホゾが埋め込まれている

5つ目の条件は、金ホゾが埋め込まれていること。

三味線は、棹の反りを防いだりコンパクトに持ち運ぶために、3つに分解できるようになっています。

パーツをつないでいる部分は「ホゾ」と呼ばれ、受け側の溝に金の枠が施されたものを「金ホゾ」と言います。

金ホゾが施されたもののほとんどは高級三味線に分類されるため、買取価格が高額になりやすいです。

もちろん、銀ホゾやホゾのない三味線のように、金ホゾでないものも買取対象にはなりますが、金ホゾが施された三味線よりは買取価格が安くなる傾向があります。

ただし、津軽三味線であれば金ホゾでない三味線でも高額買取してもらえる可能性があるので、一度買取業者に相談してみましょう。

三味線の買取でおすすめの業者:3選

三味線の買取に対応している業者は限られてきます。ここからは、三味線の買取に力を入れて、高額での買取が期待できるおすすめ業者について紹介していきます。

retro.jp

「retro.jp」は、ブランド品を高額買取している店舗。

バッグやシューズ、時計や財布などをメインで買取しているとともに、三味線などの楽器の高額買取にも対応しているのも特徴です。

シミやキズ、くすみやはがれのある三味線にもしっかり値段をつけてくれるので、他店で買取してもらえなかったからと言ってあきらめる必要はありません。

渋谷道玄坂にある店舗に三味線を持ち運べば、鑑定歴の長い専門スタッフに直接話を聞きながら三味線を買取してもらえます。

東京都内であれば出張買取にも対応してもらえるので、「三味線を持ち運ぶのが大変」という人でも安心です。

プライバシーに配慮しながら玄関先でも査定をしてくれるので、負担を抑えながら買取手続きを進めることができます。

宅配買取を利用すれば、日本全国どこからでも「retro.jp」に買取してもらえるので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなタイミングで三味線を査定に出せますよ!

▶︎【写真を送るだけ!】三味線を無料でLINE査定してみる

骨董品買取やましょう

出典:骨董品買取やましょう

「骨董品買取やましょう」は、その名の通り骨董品や古道具、古美術品といった商品を高額買取している店舗。

美術工芸品や和楽器、趣味用品やコレクションなど、幅広い商品の買取に対応しているので、あなたの三味線にもしっかりと値段をつけてくれるはずです。

東京都と埼玉県にある店舗で買取してもらうことができるだけでなく、出張買取や宅配買取に対応しているのも特徴。

出張費は無料で、主に関東地方を対象に出張しているため、多くの人が出張買取を利用できるようになっています。

また、宅配買取を利用すれば、全国どこからでも「骨董品買取やましょう」に三味線を査定してもらう事が可能。

自宅から着払いで配送するだけなので、仕事や家事などで忙しい人でも好きなタイミングで買取手続きを進めることができますよ!

公式ホームページはこちら

よろず屋ありんす

出典:よろず屋ありんす

「よろず屋ありんす」は、骨董品や美術品の買取専門店。

趣味で集めた骨董品の整理や、蔵や押し入れに眠っている古い品などをまとめて買取してくれるので、三味線と一緒に手放したい品物があれば、「よろず屋ありんす」に依頼するのがおすすめです。

「どれくらい価値がある分からない」、「古い三味線だけれど値段がつくのだろうか」といった疑問があっても、店舗スタッフが優しく相談に乗ってくれますよ!

長唄や義太夫、地唄や津軽といった幅広い種類の三味線の買取に対応しているのも魅力で、特に津軽三味線は人気が高いので、買取に力を入れているようです。

もちろん練習用の三味線でも買取してもらえますが、ほかの三味線よりは買取額が安くなる可能性があることを知っておきましょう。

対応している買取方法は、店頭買取と出張買取の2種類。

関東地方を中心に出張買取していますが、内容や量によってはほかのエリアでも出張してもらえる可能性があるので、一度相談してみるのがおすすめです。

【よろず屋ありんすの買取実績】

  • 三味線網代三味線箱:17,000円
  • 練習用の長唄三味線(細棹):5,000円

公式ホームページはこちら

三味線を高く売るためのコツ

キズや汚れは自分自身で修理しない

バッグや洋服といった不用品は、メンテナンスすることで査定額アップを狙うことが可能。

しかし、三味線は骨董品に分類されるため、安易にメンテナンスしてしまうと商品価値を下げてしまう危険性が高くなるので注意が必要です。

三味線の素材ごとに適したメンテナンス方法が必要になることもあるため、どれだけ状態が悪かったとしても、そのまま査定に出した方が良いことを知っておきましょう。

また、三味線などの骨董品の専門家は、状態が悪かったとしても、メンテナンスすれば商品価値を高められるかどうかを適切に判断することができます。

素材や音などを的確に査定したうえで納得の値段をつけてもらうためには、和楽器の買取に精通した買取店に査定を依頼することも重要です。

思いついたら早めに売却する

三味線の保管方法によっては、期間が経過するとともに商品価値が落ちてくることが考えられます。

どれだけ良い素材でできた三味線であっても、状態が良いに越したことはありません。

しばらく使う予定がない三味線があったり、何年も棚の奥に保管したままになっている三味線があるのであれば、気づいた時点で査定を受けておくのがおすすめです。

たとえ一度査定を受けた三味線であっても、年月が経過するとともにさらに商品価値が下がる危険性があるので、なるべく早めに買取に出すことを検討しましょう。

付属品や鑑定書を添付する

三味線を高額買取してもらうためには、三味線がどのような素材で作られているのか、いつ購入したのかが分かるものを添付する必要があります。

三味線を購入したときに付いていた撥や駒、ケースやカバーといったものがそろっていれば、本体のみで査定してもらうよりも魅力的な値段をつけてもらいやすいです。

鑑定書を添付して証拠力を上げれば、より高額で再販できるようになることから、それだけ納得の買取価格を出してもらいやすくなるでしょう。

まとめ|三味線の買取を検討している方は、まずはLINE査定がおすすめ!

ここでは、高額で買取りしてもらえる三味線の条件や、三味線を高額買取している買取店、三味線を高く売るためのコツについて説明しました。

ここで説明したコツを意識して買取に出すことも大切ですが、買取店によって査定額が違うことを考えると、複数の買取店に査定を依頼するのも高額買取をしてもらうコツの1つだと言えます。

「LINE査定」は、あなたが持っている三味線をスマートフォンで撮影して、LINEで送信するだけで査定額を出してもらう方法。

わざわざ三味線を複数店舗に持ち運ぶ必要がなく、梱包資材に詰めて宅配で査定を依頼する必要もないため、より手軽に買取店ごとの査定額を比較することが可能です。

もちろん「LINE査定」は無料でできるので、費用を気にすることなくあなたのライフスタイルに合わせて査定を依頼できます。

提示された査定額に納得できたら買取に出せば良いので、とりあえず査定額を知りたいという人でも気軽に利用できますよ!

ここで説明した内容を参考にして、あなたの三味線に魅力的な買取価格をつけてもらえるようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。