このプラダのバッグは本物?偽物?本物かどうかを見極める9つのポイント

img_9658
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブランド品に何十年も付き纏う問題それが模倣品。いわゆる偽物です。
もちろんブランドホルダー(ブランドショップ)も偽物対策として色々な対策を行っています。

ですが偽物の精巧さも進化しており本物と変わらないものも存在します。

今回はプロでも難しいと言われているプラダの本物と偽物を比較していきます。

あなたはどっちが本物か偽物かわかりますか?

本物か偽物かを見極めるための9つのポイントについて解説していきます。

1 写真で確認しよう!このバックは本物?偽物?

プラダの人気バッグガレリア。

今回はこちらのバッグを見ていきましょう。

img_9658
この写真だけではどっちが偽物かわかりませんよね。
次に細部を見ていきましょう。

1 バッグ底部金具部分

img_9699
img_9700

2 正面ロゴ

img_9661
img_9662

3 バッグサイドホック部分

img_9670
img_9671

4 ハンドル付根部分

img_9678
img_9679

5 ファスナー部分

img_9667
img_9668

6 キーリング部分

img_9688
img_9689

7 コパ部分

img_9680
img_9681

8 内側ファスナーエンド部分

img_9691
img_9693

9 内側部分

img_9695
img_9698

どちらが偽物かわかりましたか?
写真を見て自分で判断できたら素晴らしい真贋力です!

答えは黒が偽物でピンクが本物です。
ポイントは細部の作りの違いです。

次の章で細かな解説をしていきたいと思います。

2 本物と偽物、何が違うの?プロが徹底解説!

1 バッグ底部金具部分

img_9699
img_10000
バッグ底部の金具は偽物の方が中心によっていますね。
金具の取り付け位置も本物は真っすぐですが、偽物は斜めになっています。

2 正面ロゴ

logo
写真を見比べると確かに違います。
ですがプラダのロゴだけでの判断は出来ません。
プラダのロゴは本物でも様々な種類があり、本物でも汚いロゴも存在するからです。
ですがこちらのロゴはメッキの処理が雑です。

3 バッグサイドホック部分

side
偽物のエッジが鋭くなっていますね。
それに対して本物は丸みを帯びています。
また偽物の方が厚くなっています。

4 ハンドル付根部分

handole
ハンドル付根部分は青い円部分が偽物が真っすぐに対して、本物は膨らみがあります。
偽物は中が空洞なため真っすぐで、本物は中にしっかりと芯が入っているため膨らんでいます。

5 ファスナー部分

img_9667
ファスナー形状が違いますが、本物でもどちらも存在します。
見るべきポイントはメッキです。
プラダだけでなく真贋時においてメッキをみることがとても重要です。

偽物はメッキが波打っている様に見え雑な作りをしています。

6 キーリング部分

ring
こちらもメッキが雑です。
キーリング部分はもともとクロシェットに隠れているので、見えない部分になります。
偽物業者も儲ける為にコストを抑えます。
コストを抑えるために手を抜く箇所が見えないところです。
見えない部分の作りが雑なものが偽物の特徴です。

7 コパ部分

kopa
コパはフチ部分のことですが、偽物はマットなゴムのような素材で出来ています。
また本物と厚く見比べると分厚くなっています。

8 内側ファスナーエンド部分

kopa-2
ファスナーエンドの厚さが違います。
ここも見えにくい部分なので、本物より偽物が薄くなっています。

9 内側部分

inside
PRADAのフォントと大きさが異なります。
また注目すべきポイントが、ロゴの上の糸のステッチ(縫い方)です。
偽物は大きく縫製しています。
偽物の特徴として、縫製も雑というのが挙げられます。

3 まとめ

もし同じバッグをお持ちで本物かどうか不安でしたら上記ポイントを確認して見てください。

コピー品にも粗末なコピー品やスーパーコピー品もあるので上記だけでは100%ではありませんが。

ちなみにこのバッグは中レベルのコピー品といった所でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

写真を送るだけ!中古ブランド買取専門業者retroによる無料査定実施中

ブランド品を売りたいと思った時、せっかく売るなら高く売りたい、でも何から始めたら良いのか、どこに売れば良いのかが分からない…

そんなことでお困りではありませんか?

ブランド品を売りたいと思ったら、中古ブランド買取専門店retroのLINE無料査定を行いましょう。

事実として、せっかく買取店舗へブランド品を持って行っても、鑑定士の誤った査定を受け、本物でも値段がつかず売れなかった、というケースが半分以上あるからです。

どうせ査定を出すのであれば、プロの鑑定士がしっかりと商品を見定めてくれる店を選びましょう。

ブランド中古買取専門店のretroであれば、
・10年以上、活躍する現役鑑定士が本物かどうかを査定する
・他社で値段がつかなかった商品に値段がつくことがある


と、プロの目であなたの大切なブランド品をしっかりと査定してくれます。
LINE@に登録して、アイテムの全体画像とダメージ画像を送っていただくだけ。

ブランドを売りたいと思ったらまずは、査定から始めてみましょう。

※現在は真贋鑑定のみの対応は行っておりません

LINEで無料査定してみる


無料で査定を受ける

SNSでもご購読できます。