ブランド品は買取より委託販売の方が得する確かな理由があった

ブランド 委託販売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高いお金で買ったブランド品をどうせ売るなら1円でも高く売りたい!
でも、これから買取業者を探して何店舗も見積もりを取るのも面倒だし、そんなに時間をかけるのもなあ…いっそのこと、妥協して、最寄りの買取業者に売っちゃおうかな。

ちょっと待ってください!まだ諦めてはいけません!

そんなあなたにぴったりの買取方法があります。

それは【ブランド品の委託販売】です。日本では馴染みのない言葉かもしれませんが、アメリカでは買取業者に売るよりも高く売れることから、とてもポピュラーな買取方法なんですね。

売却方法はとっても簡単!自分の売りたいブランド品を業者に預けて、後は売れるまでお任せするだけ!

・ブランド品をなるべく高く売りたい
・時間はあるけどなるべく手間はかけたくない

今回はそんなあなたにピッタリなブランド品の委託販売についてご紹介します。

1.委託販売とは?

pexels-photo-212286
ブランド品を売りたい方(売り主)の商品を一定期間店舗で預かり、売り主に代わって販売を行うサービスのことを指します。その商品が売れ次第、委託販売業者が売り主に査定額を支払います。

ブランド品を売りたい方からすると、ブランド品を業者に預け、売れたらお金をもらう、売れなければ商品を返してもらえます。自分で売る先を探すのはとても大変で労力がかかることなので、業者側に売る相手を探してもらうわけです。

店側は、商品を置くスペースさえあれば、しばらく置いておいても損は無く、売れれば手数料が入ってきてとってもラッキーですよね。売る側と買い取る側の双方に取ってメリットがある販売方法なのです。

今やインターネットでも委託販売を行えるようになり、店に行かずとも査定を受けることが出来るようになりました。

2.委託販売が断然高く売れる理由

pexels-photo-356043
委託販売は、売り主・買取側の双方にメリットがあるということがご理解頂けたと思います。

メリットがあるのは分かったけど、委託販売がなぜ高く売れるの?そう思われた方も多いはず、まずは通常の買取店・宅配買取では、いくらくらいで買い取ってくれるのかについてご説明します。

2-1.街の買取店・宅配買取は仕入原価の50%で買い取ることが多い

pexels-photo-219023
店は買い取った在庫を売って儲けているわけですから、仕入原価(売主からもうらお金)というのは大体決まっています。上場企業の場合、仕入原価は大体50%近くと言われています。

どういうことかと言うと、例えば、あなたが10万円で買ったフルラのバッグがあったとします。
使い込んだそのバックを今なら多くの人が5万円くらいで買ってくれそうなバッグです。
そのバッグ、買取店がいくらで買うかと言うと、そうです、2万5千円ですね。

ショップは、2万5000円で買ったバッグを5万円で売ることによって、その儲けで人件費を払ったり家賃を払います。

また平均して50%なので、商品状態の良し悪しによっては、買取金額は2万円、1万円とだいぶ損をしてしまう可能性もあるのです。

100万円で買ったエルメスのバーキンで考えると更に損をしていることがよくわかると思います。
そのバーキンは今なら80万円ですぐに売れそうなバッグです。そのバッグ、ショップはいくらで買うでしょうか?80万の50%なので、そう40万です。

今すぐに80万円で売れることが明らかな場合、半額の40万円では誰しもが売らないと決断することは当然ということです。

2-2.委託販売はあなたと店の交渉次第で仕入原価が決まる

Business agreement handshake at coffee shop
Business agreement handshake at coffee shop

もしあなたが委託販売でお願いするとどうなるでしょうか?

委託販売の場合はあなたと店の交渉次第です。

ショップは、置いておいて飾りになるような商品だったり、すぐに売れそうな商品だったら、喜んで委託販売してくれます。

もしあなたが、「売れた金額の70%を下さい、お店には30%を手数料としてお支払いします」と交渉し、フルラのバッグが5万円で売れたならば、3万5千円を手にすることが出来ます。

買取店に売る場合は2万円で売れるかどうかわからなかったのに、委託販売だと3万5千円を手にすることが出来ます。

ただ、商品が売れるまでに時間がかかるので、すぐに現金が欲しいようであれば
また、お店と交渉しなければなりません。商品によっては、委託販売を受け付けてくれないこともあるでしょう。

3.買取・宅配買取以外の方法と委託販売を比較するとどうなるの?

yahuoku
出典:https://auctions.yahoo.co.jp/

3-1.今流行りのヤフオクやメルカリなどのフリマアプリ

ヤフオクやメルカリで自分で売るのが、一番手取りは大きくなります。

大体10%くらいの手数料ですみます。

ただ、撮影やお客様とのやりとりを自分でしなければなりません。あなたの時給が1200円として、5000円の商品を1個売るのに1時間かかったとします。業者に支払う手数料が仮に30%とすると、5,000×90%-5,000×70%が、1200円より大きいのか小さいのか、という計算になります。

3-2.オークション代行と比べるとどうでしょうか?

pexels-photo-374016
手数料だけを考えると、委託販売よりオークション代行の方が得ですが、オークション代行はあくまでも代行作業をするだけなので、一概に得とは言い切れません。

例えば先程の例で言うと、委託販売のフルラのバッグが5万円で売れた場合、お店に30%の手数料を払うとします。あなたの取り分は3万5千円ですよね。

オークション代行の手数料が15%だとします。しかし、バッグが5万円で売れず、4万円でしか売れなかった場合、あなたの取り分は3万4千円にしかなりません。

オークション代行業者は、ヤフオクで1円オークションに出品するだけですので、驚くほど安い金額で売られてしまうことも良くあります。自分自身でコントロールできないため、リスクが高いです。

4.オススメはインターネットでの委託販売

委託販売で売りたい!と考えた際、実際にどうすることが良いのでしょう?

オススメは、インターネットで委託販売を行うことです。

メリットは、
・買取店よりも高い金額で買い取ってくれること
・販売にかかる費用はすべて無料なこと(ブランド品を送るための送料・鑑定代など)

です。

日本には、「retro.jp」というサービスがあります。
retro

retroの委託はこちら
https://itaku.retro.jp/

商品を送った後に、会社と売り主の間で販売金額と売り主に入る金額が決まります。売り主がブランド品を送る際の送料、鑑定料、掲載料などすべて無料です。

委託販売の流れ
委託販売 流れ

またもし、交渉金額に納得がいかなければ、無料で返送してもらうことが出来ます。手数料は5%~30%のようなので、委託販売を体験してみてはいかがでしょうか。

委託販売 申し込み

5.まとめ

今回は、ブランド品の委託販売についてご紹介させていただきました。

・すぐに現金が必要なわけでは無いが、もう使わないブランド品を置いておいても仕方ない
・以前、買取店に持って行ったことがあるが、安く買い叩かれて嫌な思い出がある
・メルカリで自分で売るのは面倒くさい

上記に該当する方は、ぜひ委託販売をやってみると良いでしょう。

確実に買取よりはお得ですし、宅配で送ってしまえば、余計な交渉をする必要はありません。自分の商品がいくらで販売されているかも確認出来ますので、安心です。

アメリカではポピュラーな委託販売
日本と同様に買取店もありますが、高価な物は委託販売することの方が多いようです。

「Consignment shop」というのですが、手数料は店によって違います。半々が多いです。

アメリカで、ネット専業でブランド品の委託販売をしているサイトがいくつかあり、ものすごく伸びているそうです。

https://www.thredup.com/
https://www.therealreal.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

写真を送るだけ!中古ブランド買取専門業者retroによる無料査定実施中

ブランド品を売りたいと思った時、せっかく売るなら高く売りたい、でも何から始めたら良いのか、どこに売れば良いのかが分からない…

そんなことでお困りではありませんか?

ブランド品を売りたいと思ったら、中古ブランド買取専門店retroのLINE無料査定を行いましょう。

事実として、せっかく買取店舗へブランド品を持って行っても、鑑定士の誤った査定を受け、本物でも値段がつかず売れなかった、というケースが半分以上あるからです。

どうせ査定を出すのであれば、プロの鑑定士がしっかりと商品を見定めてくれる店を選びましょう。

ブランド中古買取専門店のretroであれば、
・10年以上、活躍する現役鑑定士が本物かどうかを査定する
・他社で値段がつかなかった商品に値段がつくことがある


と、プロの目であなたの大切なブランド品をしっかりと査定してくれます。
LINE@に登録して、アイテムの全体画像とダメージ画像を送っていただくだけ。

ブランドを売りたいと思ったらまずは、査定から始めてみましょう。

※現在は真贋鑑定のみの対応は行っておりません

LINEで無料査定してみる


無料で査定を受ける

SNSでもご購読できます。